FC2ブログ

Light Worker "love and laugh"

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
mimi








今から3年半くらい前の写真です。
パリで日本人のお母さんをお招きして、
歯科矯正医師のエキスパートの義母が、
子供の成長における歯と舌の教育の大切さについて
お話ししました。
(当ブログの舌の機能再教育もご覧ください)

歯科の世界でも、やっと近年、
舌の事を言う先生が増えて来ましたが、
義母は約40年もの間、
舌の機能に注目して来ました。

昔はミオフェイシャルテラピーや発音矯正師という職業はありませんでしたので、
義母は自分で発音矯正の為のエクササイズを考案して、
歯科矯正に入る前に必ず患者さんに実践して貰っていました。
しかし、ある時に一つの器具を開発したのです。
その器具は、
エクササイズのコンプライアンスを確固としたものに
してくれ、歯科矯正の時間を大幅に縮小してくれました。

一般の歯科矯正は、
通常は3年かかる治療が、1,5年ほどで終了し、
再発がしないのです。
保定はなし、あっても夜に取り外しできる器具を
少しの間付けてもらうだけ。

医学の世界も流行りがあり、
時代によって、いろんな方法が流行ります。
歯科矯正だと、矯正した後も保定するために針金や透明の糸が
歯の裏に付いてる人がおられますが、
義母によると、それは気をつけた方がいいです。
舌の機能を正常化しておかないと、
本来は関節のようなものである歯が、
糸で繫がってるという状態は骨に影響を及ぼし
取り返しのつかない事にもなり得るそうです。

舌の教育無しには、歯科矯正の良い結果を出せない、
余分な事はしない。
治療家、患者、社会保障に貢献する治療をするのは大事だとます。

常に学ぶ姿勢で、
研究熱心な義母ですから、コツコツやって来ました。
そういう性格のおかげで、
例えば、義父がアルツハイマーになったときも、
主治医と共に、サプリメントなどを調合し、
症状を遅らせる事に成功したのと思います。

余談ですが、
日本で見かけるテレビのいろんな情報番組の内容には、
びっくりします。
フランスだと、医学的に臨床検査などして証明出来てないものは、
テレビなどで公的に発表できませんが、
日本では、いろんなメソッドが紹介されていて
それを見た人は信じてしまう。。。
効果的なものもありますが、
フランスでは、見られない面白い現象です。

お話し会では、
注意する事、観察の仕方、咀嚼の仕方、嚥下の仕方、
食べ物についてなどなど、
広い範囲でお話しをさせて頂きました。
歯は身体の全域に影響を与えますが、
舌という筋肉の使い方が大事だという事など。

このような感じで、
医者に行った時に、自分でも医者のいう事が理解できるように、
お母さんに入れ知恵して頂くためにお伝えしたい
知恵袋のようなつもりで、お話しをさせて頂きました。

義母が開発した器具とエクササイズは、
いびき、無呼吸、鼻呼吸に関係しているという事がわかり
研究を進めて行きました。

いびきや無呼吸の方は、先ずは体重制限されるといいですね。
但し、痩せているのに無呼吸になる方も当然おられます。
硬い物を食べるようにしましょう!
日本食は柔らか物が多いです、
それでも、何でも
しっかり噛んで、喉の筋肉を使って飲み込む事を心がけて下さいね。
またいつか、日本でもおばあちゃんドクターの知恵袋の会を
催したいと思います。

世界中で睡眠というカテゴリーで、
専門家がケアする分野が出来、広がっている中、
私達も、専門医とタイアップして研究と開発を進めているところです。
いびき、無呼吸にお困りの方に、
そのご家族の方により良く生きて頂けるように、
新たなソリューションをお届けしたいと
フランスから世界に発信するために頑張っています〜
期待して、待っていて下さいね👍
スポンサーサイト
mimi











月曜は、歯科矯正医師の義母を招き、

舌の再教育についてのお話会を開きました。

参加してくださった、お母さま方から
目からウロコ情報だと、すごく関心を持って頂きました。

義母は
歯列がきれいに整うことだけでなく、
審美そして何よりも、体の働きを尊重し、
一生自分の歯で生きる。。を
目的にしているため、
歯や骨の形を変えてしまう舌というやっかいな
存在に長年注目してきました。

ちなみに、現在83歳 本人全部自分の歯を保っています。

歯科矯正では、治療後の再発についてが大きな注目点です。

多くの医師がワイヤー保定をする中、
義母のメソードはワイヤー保定をせずに
人が持つ元々の力で再発を妨ぎます。

舌の機能については、医学会でも、
長年未知の領域であったらしく
あらゆる文献を探しても、
詳しく説明しているものには出会っていないということでした。

舌の機能を正常化する・・
その歯科矯正治療方法は、対処法ではなく、根本治療です。

歯科や歯科矯正に根本治療ってあるの??と
思われるかと思いますが、あるのです。

義母は
歯は、舌の周りに位置していて、
やわらかいはずの舌の筋肉が
歯や骨など堅いものの形を変えるというのです。

あらゆる自然現象の中で観られるのと同じだといいます。

歯科矯正治療には、まず
舌の機能の運動、咀嚼、嚥下のことを説明し、
患者さんに正常な運動をしてもらように
指導してきました。

が、それは並大抵なことではありません。
常に意識することはかなり難しいです。
今は器具を発明し、治療はより確実に進むようになったそうです。

舌は、常に意識しないと勝手な動きをします。

また、舌は常に動く習性を持っているので、
その動きを固定することはできません。

再教育いわゆるリハビリして正常機能にするために誘導しなくてはいけません。

と義母は言います。

舌に注目し、
発音、嚥下、歯科に携わる領域を観ていきます。


いつ聞いても、もっともっと聞きたくなる話がいっぱいで、
本当に貴重な人だな~と思います。


最近は私達の周りでも、
86歳のエイズ細胞研究者の人が会社を立ち上げました。

若さとは年齢ではない! 
を痛感しているところです。


義母も、あちこちの会議に出席し、
治療を発表しています。
アカデミックな国フランスにおいて、
医療は特に規制がきびしく、
権威やヒラルシーがどっしり・・のこの分野の中で、

有名な大学の博士ではなく、
プロバンスでひたすら治療を続けてきた
一人の歯科矯正医師ですから、

各会議でも、最初はなかなか
話を聞いてくれなかったらしいですが、

義母が創った器具について、
ノウハウについて、
やっとわかった~!と、
目覚めて、感動の感想を伝えてくれる専門家が増えてきました。

リスクテイカーは案外この年代の人達なのかもしれません。
戦争を体験し、何もないところから生き残ってきた
人たちの底力や知恵には勝ち目はありませんね。

義母のような人がドンドン社会を
活気つけてくれると嬉しいな~と思います。

義母の時代は女性が仕事を持つこと、
それも医療関係に従事することは
あまり賞賛されていなかったそうです。

女性として生まれ、夫と子供をもち、
仕事を持ってここまでやってきた。

自分もあ~いう風に歳をとりたいと、マジ思います。

おばあちゃんに乾杯!
 
Lux midori











公園の緑を見ていると、
いろんな緑があって自然ってすごいな~と
感じる今日この頃です。

5月も半ばなのに、さえない天気が続くパリです。
いろんな意味で、シビアさ・・を感じます。
体調に気をつけましょうね~。

今日のお知らせは、
歯、口内、呼吸、身体全身へと関っている
舌の教育についてのお話会のお誘いです。

私の周囲の日本人ママさんの中には
すでに義母のことをお話する機会があり、ご存知の方もおられますが、
改めて紹介させて頂きますと、
私の義母は、トロア市在住の歯科矯正医師で、
この道40年のエキスパートです。
案外ご存知ないかと思いますが、
フランスの社会保障が与えている4つ星の歯科矯正師の一人です。
ちなみに、歯科矯正医師はフランス全国で2000人ほどだったと思いますが、
4つ星は、指で数えるほどと言われています。(これはもう数年前のデータですが)

社会保障による4つ星の認定とは、
治療が早く再発がないため、治療費がかからない・・ことが基準です。

義母は以前は歯科矯正訴訟があった際に、裁判の判断基準となる
エキスパートとしても仕事をしておりました。

彼女の治療院にはフランスのあちこちから、患者さんがやってきます。
特に、大人のケースでは
他の医師による治療が上手く行かず、
複雑になってしまった、困った状況になったしまった方が沢山やってきます。

一人一人の体全体を尊重し、骨を尊重しながら歯科治療をする先生が案外少ない中、
義母は、「死ぬまで自分の歯を使うことが健康に一番である」
をモットーに地道に治療してきました。

手前味噌ですが、
私は普段から義母の話を聞いていて、東洋的な発想を持っていて
現在の西洋医療分野にとっても貴重な人だなあ~と考えていました。

考えることが大好きな義母は、歯科医師から歯科矯正医師に変わったときに、
舌の存在に注目しました。
どんなに矯正が上手く行っても、
舌の機能再教育なしには良い治療結果が得られないということに気づき
舌の機能のための運動を開発してきました。

例えば歯科矯正終了後、歯列保定をするために
歯の裏側にワイヤーを何年も付けておられる(時には一生つける)方を
よく見かけますが、義母に言わせるとこれはとても危険な治療だということです。
歯科矯正をした意味がどこにあるのか?

詳しい話は当日にさせて頂きますが、
何しろ、よく知られていない舌という筋肉の集合体は
体の筋肉の中で一番力が強いと言われてるのです。
この舌の機能が、実は、口内から始まり、
身体のあちこちに影響を与えているということが
証明されつつあり、義母は現在、あらゆり学会などで発表しているところです。

歯科・歯科矯正全般、鼻炎、呼吸困難、いびき、無呼吸症候、不眠症、倦怠感、
子供の集中力低下、いらいら、落ち着きのなさ、など、

口内から始まり医療分野についてのお話になると思います。

どなた様にも聞いて頂けるお話です、
母、主婦、入知恵しておきたい!と感じている方にお集まり頂きたいと思います。

通訳は拙いながら私がさせて頂きます。

6月10日月曜、10時~12時ぐらいまで、2時間ほどのお話会です。
参加費は20ユーロほどと考えております。
会場はまだ決まっていませんが、パリ市内です。
15名さま以内であれば、私のアトリエで行います。
15名さまを越えるようであれば、別の場所を設定することになると思います。

尚、みなさんにお願いがあります。
参加される方は特に、予め、質問を5つほどメールでお送り頂きたいのです。
歯のことと言っても非常に広範囲に至るため
みなさまから頂く質問を中心に話を進めたいと考えています。

なお、もし現在治療中でレントゲンをお持ちの方は、
当日診断する時間が少しだけあるかもわかりません。
その際は人数に制限がありますので、
予約して頂くことになり、診断料が発生します。(処方箋を出します。)

お話の会では、お子様連れでも構いません。

また、この会は講習会ではないことをご了承ください。
誰でもできる嚥下のエクササイズの情報を
お伝えできるかと思いますが、
本来はとても専門的なことですので
正しく学ぶには時間を要します。
でも、聞いて見て頂くことにより、
意識付けの良いきっかけになると思います。

この情報に興味持って頂けそうなお友達にも声をかけてくださると嬉しいです。
みんなで自分の体をケアできるようにサポートしあいましょう!

では、みなさまのお返事と質問をお待ちしております!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。