FC2ブログ

Light Worker "love and laugh"

子供のころは、踊ることと散歩が好きだった~。

うちは、大家族だったから~。

私の記憶している時代、多分3歳か4歳くらいの頃。
おばあちゃん、父の兄夫婦と2人子供、2人のおばちゃん、私達家族5人
・・・が一つ屋根の下に住んでた時代もあった。
すご~いよね。
今じゃ、田舎のお家でもそんな家族はなかなかお目にかかれないかも。
ケンカは絶えず・・笑いも絶えず・・だったはず。
でも、私の記憶の中には、ケンカのことの方が大きく残ってる。

いつも、空見ながら へ~わ~な気分にならないと
どうしようもなかった~。

数年経って、私達家族とおばあちゃんだけになった。

それからまた、数年経って、私達家族だけになった。

おばあちゃんが、おば達と住むようになってから・・・
両親の夫婦喧嘩は、どんどん激しくなっていった。
罵倒の時代が、何年も何年も続いた。

空見て、過ごしました~。
夕焼けがとくに好きでした~。
飛んで行きたいな~って。

そのうち、父に対して
自分も攻撃するようになりました。
怖かった・・けど、妹たちを守らねば。
ヨロイをかぶることにして
長女として、がんばったよ~。
その時代の役割果たしたと思いま~す。
しっかりした、良いお姉ちゃんをやりました。

みんなそれぞれのポジションってありますから~、
それはそれは、見事に上手いことになってます。

成人を迎えるまで、続きました~。 

思春期までは、特に
・・・踊ることと散歩、これが私の生きがいだった~。
そこだけが、自分のスペース。
道のまんなかで踊ってました~。
自分の姿がお店のガラスに移ると ひら~と飛んだり。

一人ごと言いながら散歩したり
踊ってたりする変な子供だと思った近所の人もいるかもしれない。
でも、こんな激しい家族を見守ってくれていた
やさしい近所の人もいたな~。

頭痛持ちでした。 頭いた~い。。としょっちゅう言ってたぁ。
微熱とかしょっちゅう出たり。
母からも、体弱いなあ~とか言われたりして。
それにお腹痛くなったりもして。
小学校のときありました。

子供なりに、一人ぶらぶら散歩してバランスとってたんやと思います。
いくつかあった、近所の禅寺も散歩道
足運びました~。

今も、歩くの大好き。
一人でぶ~らぶら・・。
踊ることはとても懐かしく、
ムショウに踊りたくなることもあったりします。

あまりにも一生賢明ダンスに夢中すぎて
不器用で趣味として続けられなくなったダンスへの情熱はどこへ???
今、ふむふむ・・・と思い出したりすることもあったり。
最近は、声、歌うことに興味持ったりしてます。

体を使って、それを最大限に生かすこと 大好きです。
生きてるって感触が好き~。

散歩も大~好き。
周囲と繋がる感じがとっても気持ちいいの~。


気がついたら、長男も公園の散歩好き。
一人でぶ~らぶら・・・するのが好きらしい。
15歳にもなってないから、周囲のお母さん達はびっくりするけど。
元々すごいマイペースな子。
私がそうだったように、見えない友達と一緒にいるみたい。
いろんなアイデアが沸いてくるらしい。

わかるよ~それ。
ん~
何も目的持たずに・・ただ、散歩。
好き~。

スポンサーサイト



2009.06.16 17:24 | ぶ~らぶら | トラックバック(-) | コメント(-) |
                        HUG




Be Cause

原因になる。

結果を得るために何かをする・・のではなく。
原因・・それ自体であること。

得るために苦労するのでななく、
すでにある。

喜びを得るために何かをするのではなく
うれしい・・・から、喜びを分け、喜びを受け取る。

幸せになるために何かをするのではなく
幸せ・・・だから、幸せを分け、幸せを受け取る。

愛を受け取りたいから、何かをするのではなく
愛・・・だから、愛を分け、受け取る。

ただ、それになる。

何をするときも、すでにそれ自体なのだから、

求めなくても大丈夫。

思い出すのに時間がかかるかもしれないけれど

体験の中で思い出すから、

そのプロセスが大事だから。

ただやる。



・・である・・・こと。

宇宙、自然、神の一部であることも。

あなたの一部であることも。

全てと繋がってることも。

生きて、沢山体験して、

思い出そう 





2009.06.16 16:38 | 心の扉を開く | トラックバック(-) | コメント(-) |