FC2ブログ

Light Worker "love and laugh"

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨日は、長男の誕生日でした。

15歳になりました。

15年・・・あっという間です。

最近は、益々背が伸びて、パパの身長を超えていく勢いです。

この人・・実は小さいときから、「この子とかうちの子」・・と呼べなかったんですが、
最近は、私の頭も少し柔らかくなって時々言えるようになりました。

小さいときから、不思議な落ち着きを持っていた子でした。

赤ちゃんのときに付いたあだ名は、「ぺぺー」(フランス語では田舎風の呼び方でおじいちゃんのこと)

ソファーの真ん中に座って、みんなを見守ってるかのように
静かに座っている赤ちゃんでした。
いつもニコニコしていて、あまり泣くことがなく、
人見知りせず、誰にでも抱かれるのが好きでした。

生後6ヶ月の頃、初めて乗った大阪行きの飛行機のなかで、
大阪のおばちゃんに「お母さん気をつけんと、連れて行かれてもわからへんよぉ」
な~んて、言われたりもしました。
大阪のおばちゃんにたらいまわしに、面倒見てもらい
私はゆったりと飛行機の旅ができました。

ちなみに、成長してからも飛行機の中で手こずったことはなかったです。
何年もフランスー日本の旅をヨーロッパ経由便で過ごしましたが、
本当に助けてくれました。

そんなこの子も15歳。
精神年齢は10歳の妹とそこそこ同じような幼い部分も持っているけれど
親に対しては、反抗期もあまりなく。。かと言って、いい子になることもなく、
繊細で、泣くし。。
とてもマイペースでのんびりしている。

今年の夏は、家族でDORDOGNEに行き、
みんなでカヌーで川くだりを楽しみました。

娘は主人とカヌー、私と息子が一緒のカヌーに乗りました。

私も息子も散歩が大好きで、そのときはカヌーに乗って
のんびり、のんびり、川の流れに任されながら、
人生の話をしました~大好きな時間です。

前を行く、主人と娘がこぐ、冒険者風のカヌーを見ながら、
「あんなに一生賢明やったら、疲れるわな~(笑)」・・・「あ~枝に当たってる!」
大笑いでした。
あ~、のんびりした夏休みでした。

ちなみに、彼は緊張することが殆どないと言います。
「緊張するということは、他人にどう思われるかが気になるから。
 僕は他人のことを批判しないから、
 他人が自分を批判すると思わない、
 だから、緊張しないの・・」
先日、音楽のテストの前にふと・・・ボソボソ・・話してくれた出来事。

ほんとにかなりのんびりさんですが、
15歳、本格的にこれから人生の門出をする準備となりそうです。
9月は新学期ということもあり、
誕生日と共に新しい1年を迎えます。

このまま、大人になって欲しいな~と願っています。 





スポンサーサイト
2009.08.31 21:30 | ぶ~らぶら | トラックバック(-) | コメント(-) |
やっとパリに戻りました。

長いことお休みさせて頂きましてありがとうございました~。

インターネットにも接続せず、携帯電話も1ヶ月以上オフ。

ちょっと大げさですが・・
たまにはこんな離れ小島にいるような生活を送るのが大好きです。


7月末日・・・
京都から戻ったら娘の大事なハムスターのハムちゃんの調子がいつもと違っていました。

3日後には改めて主人も一緒にバカンスに出るはずだったので

ハムスターの調子が心配です。

一般的にハムスターの寿命は2年ほどといわれていて、

うちのハムちゃんは、ちょうど2歳半を迎えようとしていたところでした。

出発する前の日、ハムちゃんは歩きにくそうにしていて

体が冷たくなっていたので娘が抱いて暖めていました。

あまりにもしんどそうだったので、ハムちゃんのベッドに

寝かせてあげようね、といって、そっと寝かせて

「ハムちゃんおつかれさん、帰ってくるのを待ってくれてありがとう

ありがとうハムちゃん、無理せんでもいいよ。」

娘も、同じように声をかけて体を撫でていました。

そうすると、突然大きく息を吸いながら体を伸ばすようにしたかと思ったら

息を引き取りました。

娘と私に看取られて・・・ハムちゃんは娘の帰りを待ってくれていたんだと思います。

毎朝、おはようハムちゃん・・と声をかけると、

綿の中から目を瞑ったまま鼻をぴくぴくさせながら

「おはよう」の挨拶をしてくれたハムちゃんでした。

私達は、この夏は、愛しいものを失くすこと・・死を体験しました。

そして、死と共に生きることをまた考えさせられたのでもありました。

生きること。

どんな風に生きたいのか。

翌日から主人と共に家族揃ってバカンスでした。

死を乗り越えて、

今を生きる。

どんな本を読んでも、体験をしても、私達は今を生きるしかない。

生きるなら、

どんな風に生きるのか。

そう思いながら、家族の夏休みが始まりました。

2009.08.24 08:02 | 心の扉を開く | トラックバック(-) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。