FC2ブログ

Light Worker "love and laugh"

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
sora








ありがとうございました。
アバンダンティアのワークは、無事終了しました~。

予定していた当初の定員を超えてしまいましたが、
エネルギーワークというのは、理屈じゃないです。
いつもは、奥様が出かけるときに良い顔しないご主人が
あっさり、「行ってもいいよ・・・」などと、言ってくれたりするんです。
摩訶不思議???
そういうことがおこります。

アバンダンス・レイ・アバンダンティア。
このワークは大好きなワークの一つです。
豊穣の女神以外に、どんどん高次元の存在が降りてくれます。
受け取る人に一番わかりやすい姿で降りてくれるのです。
マリアさまや、大天使、他には子供の頃に
大好きだったおじいさんまで。

元々エネルギーには、人のような形というものはなく
全てとても抽象的なものです。
受け取る側が、どんなアンテナを持っているかで
それが形、色、香り、などで表現されたりするようです。
私達の持つセンサーは、実はとても多彩です。
そして、理解したときに、言葉で表現されるのだと思います。

こちら側の、受け取る準備を促進させることがとても大事です。
受け取る・・・と決めることが、大きな動機を与えます。
すると、宇宙は喜んで情報を送ってくれます。

ワークの直前にはすでに
お金に関係する出来事があった・・・という話を何人かの
参加者の方が話して下さいました。
ワークを受けると決めた瞬間にいろいろ始まります。
本当に、ワクワクしますね。

それに私達は、人間ですから物質上で恩恵が現れてくれるのは
とてもわかりやすくて、うれしいです。
物質世界で満たされるのはとても大切なことだと思います。

それから、幸福感を感じるとお話してくださった方もいました。
私はまさにそれだ・・と思います。
幸福感という形のない、とても個人的な感覚こそ、
魂の記憶=宇宙の記憶にしっかり刻まれ、
真の幸せに満たされた現実を招くのです。

みなさんが静かな幸せの中に包まれますように
心からお祈りしています。 



スポンサーサイト
2009.11.30 06:55 | ワークのお知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) |
FUSHIMI INARI



FUSHIMI INARI 2










レイキ、REIKI、霊気。

私は自分のHPで霊気療法をこういう文字を使って
紹介させてもらっています。
日本語ってすごい面白いです。

REIKI=レイキ
霊気と書くとまた違った感覚を受けます。

私は、昔、初めて会った方に「レイキを習ったの~」と、
霊気という字を見せられたとき、
「え?? 何それ、私にはええわ~」・・と
拒否した時代があります。
字を見て、怖くなったのです。(笑)

今から思うと、信じられない光景ですが、マジです。
でも、まもなく、霊気という世界に魅せられていきました。
自分の頭の蓋が開いたというか、
自分の内にずっとあった、何かがクリアーになったんですね。
霊気と意識をして、お付き合いが始まったとたん、
私の前にはドアが開き、高速道路が開かれていたような感じでした。
すでにそこにあったもの・・・との再会でした。

今では日本には沢山のレイキ系統があって、
しかも、それ以外にもどんどんいろんなエネルギーワークが紹介されていて
その広がりのスピードはとても速いです。
日本では案外レイキは古いエネルギーワークの一つになりそうな感じさえします。

ところが、私は全くの逆を行ってます。
「霊の気」のワークを体験すればするほど、奥の深さを感じている真っ最中です。
アメリカからやってきた、チャネリング系のREIKIや他のエネルギーワークも
沢山体験しました。

どのワークもすばらしかったです。
でも結局のところ、私はいつも人との出会いによって
導かれている・・・というところに結論がいきます。
人が好きなんだと思います。
そして、日本人が使う「心」という言葉の意味の深さに
感動している今日このごろです。

日本を離れフランスにいることで、
日本の良さや、それとは反対の弱さのようなものも別の視点から
捉えることができたような気がします。
ラッキーでした。
日本を出る前は、もう私がやることはここにはないな・・と思ったのですが、
フランスにいることで、改めて日本を見つめることができたのだと思います。
面白いことに、今度はヨーロッパ人を通して
逆に日本や日本の仲間との
繋がりが深くなっていくのでした。


そして、ここ3年ほど、変化期を迎え
今やっと自分の足で立てる気がしているところです。
等身大で、一番好きな自分といる感じがしています。
まだまだひよっこですが、
フランス生活16年で、やっとここまできた感じです。

そんな中で、初心に戻り
日本の心・霊気ワークにエンジンを掛けようと思います。
愛・・・自分の中に与えられている最高のパワーであり
宇宙のギフトとの再会をしてもらいたくて、そこにシフトしていきます。

宇宙人として
地球人として、霊の気の活用者として、
少しでも「愛と笑い」と出会えたら・・
どんなに幸せか~など思っています。

2009.11.25 00:06 | Reiki | トラックバック(-) | コメント(-) |
Cluny 2










今日は、パリ郊外にお住まいのYさんからのお誘いで
お宅にて、レイキアトリエを開くことになりました。

初めてサンラザール駅から電車に乗りました~。
ワクワクでした。
パリ市内から30分、と近郊ですが、
ちょっとした小旅行気分でうれしくなりました。
電車の中では、南アメリカ出身風の男性による、
ギターとハーモニカの一人同時演奏が始まりました。

フランスのシャンソンから、マイケル・ジャクソンまで、
幅広いレバートリーを演奏してくれました。
ちょっと話がそれますが、
私は最近特に料理を作りながら、マイケルの歌を聴いています。
幼い頃から彼の歌声や曲を聴いていると
いつ聴いても、いいもんだ~と感心してしまいます。
やっぱり、POPの王様。
彼の感性の豊かさを感じ、飽きがこない。

先日も、イヤホーンで聴きながら
音楽にのりながら思わず、気持ちよく台所で踊っていると
子供たちの私を呼ぶ声にも反応しなかったみたいで、
ふと、気がつくと 二人とも
ニヤニヤして私を見てました。
飽きないといっても、やっぱり私の青春時代?の人ですね。
ノッテルときは、すっかりその時代に戻ってますぅ。(笑)


さて、話は元に戻りますが、
ギターとハーモニカを吹いてくれている男性は、
マイケル曲の中でも私の大好きな曲、「HEALTHE WORLD」と
「THEY DONT CARE ABOUT US」 を連続で弾いてくれました。
わ~、ラッキー!!
電車の中でも、ふと・・口ずさんでしまいます。

小旅行は更にるんるん気分にさせてくれました。
おじさん、素敵な曲をありがとう・・・手持ちのカップにコインを入れると
彼は胸に手を当てて、優しい笑顔で微笑んでくれました。
私も思わず、頭をさげて軽く挨拶しました。
気持ちのいい瞬間でした。

駅につくと、Yさんが出迎えに来てくださってました。
それにしても、市内から30分離れると気温が違います。
きっとパリと比べるとの空気が澄んでいるんでしょうね。
木々に覆われていて気持ちのいい所でした。
パリからやってくると、小さくても畑や、木々などを目にすると
本当に嬉しくてたまりません。
都会にいるからこそ、自然のありがたみがわかるのかもしれないです。
最も、注意してみれば、都会にも、ちゃんと自然はありますね。
たとえば・・・風は、どこにでも吹いてくれます。

そしてお宅に到着。

リラクゼーション瞑想を終えて、
簡単に手当をしてから、
エンジェルカードを引いてみました。

ここから、すっかり母の会になりました。 (笑)

電車に乗りながら、どんなことが起こるのかな~と
思うだけで、特に何も想像してませんでした。

エンジェルカードを引いてみると、
思いがけないことに気がついたり、何かが起こることがあります。
カードをただ見て「そうか~」と思うこともOKです。
そこから掘り下げてみるのも、OKです。
どの瞬間も100%完璧です。

母の会。
私も二人の子供の母です。
少し成長した息子とまだまだ手がかかる娘。
いろんな話の交換ができました。
人との触れ合いは、いつも自分を成長させてくれます。
出会いによって、私達は魂を磨いていると言っても
過言ではないと思います。

そして、お母さんたちは、みんな真剣に子供のことを考えています。
慣れないながらも、考えています。
教育のこと、将来のこと・・など、いろいろ気になります。

でも、時には自分のことを先に考えてみるのもいいかもしれません。
「子供のために・・・」とがんばりすぎて、疲れたりします。

子供のために・・と思うからこそ、まずは自分がゆったりしておくことが
一番みんなの助けにもなるかもしれません。

ちなみに、うちの主人はめちゃめちゃ忙しい人です。
仕事が趣味なので、(好きな事が仕事になっているのです)
朝から寝る寸前まで仕事しています。
なかなか、家庭のことなど考える暇がないです。
なので、くつろぐ雰囲気を創る工夫は
私の役割というところもあります。
仕事だけじゃなくて、私や家族の面倒も見て欲しいと
言ってみることも、くつろぐ場面つくりに役に立つこともあります。

で、私は家庭のことを面倒みるのが、結構好きです。
ヒーリングや土日の講座がありますが、
適当に手抜きしながらですが、
家事や子供との付き合いは
できることをできるだけ・・やらせてもらっています。
欲張りなんです。
今の主人と出会ったのは、
「自分の持っている全ての質を出せて、受け入れてくれる人と出会いたい」と
決めたことが、きっかけでした。
その質とは、
私の場合は、母=主婦になることでした。
妻、母、主婦、姉、妹、恋人、一人で何役もできる・・と思ったんですね。

生きている限り、人生を楽しみたいと思っています。
・・てな感じで、話がまたそれましたが、
我が家はお互いが得意な分野を担当して、
お互いがサポートする感じが、ちょうどいいです。

子供達も、家庭での分担に参加してくれています。
ケンカをすることもあります。
そうすることで、お互いを理解することもあります。
でも、ひどくならないようにしないとね。
ごめん・・と誤ると、すぐ仲直りです。
誤るのは、長男がメチャ得意、感心します。

以前、「ママを困らせているのは僕だから・・」と言ったことがあります。
自分でもわかっている・・と言うのです。
「でも、困っているというママ自身も、何かを理解する必要があるみたい。
 子供のことを思ってると言いながら、深いところでは
 自分がどうなるのか・・を心配しているみたい」・・と話したことがあります。


忙しい毎日の生活の中、
子供の教育のことなど
手をかけられなかったことなど、後悔する日もありました。
でも今から思うと、その時代の自分は
それなりにがんばってきた・・・と思えるようになりました。

子供は上手です、ちゃんとわかってると思います。
こちらがいくら口で言っても、態度を見ています。
そこから感じ取っています。
子供の世界は、言葉で理解するよりも、
ヴィジュアルが先行します。
波動で感じます。
感じたり、見たことから学習するみたいです。

だから、ゆったり育てないなら、
まずは、自分がゆったりすると良いかもしれません。

長男を見ると、いろいろ工夫してみたけど、
結局、慌てることない・・・と思えます。
うちもまだ現在進行中で、
まだまだ何も結果は出ていませんが、そんな気がしています。

時間が経ってみると、いろんなことがゆったりと見えてきます。
私もいろいろ経験したんですね。

経験するのは、大好きです。
私は長女ですから、周囲からあらゆるプレッシャーを与えられてきました。
それを知ってるので、息子には長男としてのプレッシャーを
与える気は全くなかったです。

知らず知らずのうちに学んだんだと思います。
だからいつか、誰かのために役にたつこともあるんだ・・・くらいで
ちょうどいいんだと思います。

焦っても、形にならない。
いらいらしても、愛にはならない。
自分を責めても、家族を幸せにはできない。

わかりやすいのは、
自分がなりたい・・・と思う人になってみる練習をしてみると、
どんなにワクワクするかなあと思います。

子供をどんな風に育てよう・・と思うより、
子供を通して、自分をどう育てよう・・・かもしれません。

出会う全ての人が自分の成長に貢献してくれているとしたら、
身近な家族は特に宝物です。
感謝しかないです。

そんな風なことを考えた充実した一日でした。
今日お会いしたみなさん、
呼んでくださったYさん、
出会いをありがとうございました。 


2009.11.20 00:25 | Reiki | トラックバック(-) | コメント(-) |
tour effel











火曜のいつもの霊気のアトリエでは、私を含めて11名の参加者の中
なんと、フランス人がたった一人でした。
時々あります、こういう風景。

以前にもちらっとブログで書かせて頂いたかもしれません、
私のところに来てくださる霊気の生徒さんは
国際色豊かでとても勉強になります。

昨日は、日本人、メキシコ人、アルゼンチン人、
イギリス人、チュニジア人、フランス人・・の集まりでした。

フランスという国は、ヨーロッパの中でも恐らく
一番人種が入り混じっているところだと言われています。
随分前から
北、東、南の国から移民として渡ってきた人が定住するようになりました。
土地が豊かですし、食べ物のバラエティーがあり豊かな国です。

パリでは特に
生粋のフランス人を見つけることの方が意外と難しく、
いろんな国の出身者が多いので
コミュニケーションは、エキサイティングです。
自己主張だけするのではなく、言いたいことを言いながら
相手の話も受け入れる。
まず、とりあえず、言いたいことを言うこと・・・。
相手も結構言いたいことを言ってきますので、
言わせてくれる土壌があります。

これは一つの技を学んでいるようなもんです。
自分を中心に定め、なおかつ謙虚にいる。
そして、どのように相手に伝わるように話すか。。。
エキサイティングなワークです。

どこに住んでも同じ現象が起こりうりますが、
とにかく、良いも悪いもなく、
フランスにいると、思いを発言する・・機会を沢山与えられる気がします。

それから、考えて、工夫すること。
こういうチャンスもくれます。
パリという世界でもトップクラスの観光地ですが、
お店に入っても、サービスが整っていなかったりします。
文句の一言も言えますが、その中にいて
いかに楽しむか・・・・のワークです。

こういった、エキサイティングな日々のワークは
私にぴったりで、
日々のヒーリングワークのために、とても役にたっています。

精神世界というと、
キリスト教などの宗教を思い浮かべるのが通常の会話で、
フランスはこの分野での情報は少し遅れているような気がします。
でも、人と生活を通して学ぶという観点では、
人種の坩堝です、
我ながら、ここに来ることをよく選んだもんだ・・・と感心しています。
そういう精神世界・・・も、いいもんだ~と
ワクワクしながら生活しているところです。



2009.11.19 07:39 | Reiki | トラックバック(-) | コメント(-) |
Ondine








上記の写真に表示されていますが、2007年のことです。

CEVENE、中央フランスから南に下がったとても野性的な土地を流れる

TARNという河で撮った写真です。

13キロの河くだりをした年でした。

私はこの辺りが大好きです。

この辺りにいると、気分が開放され自由になる感じなのです。

今から15年ほど前、初めて、

この付近の山の頂上から見た風景はまさに・・

フランスのグランドキャニオンでした。

遥か遠くまで、岩山が続いているのです。

私はアメリカに行ったことがなくて、グランドキャニオンは

写真でしか見たことがありませんが、

そのときの私にとっては、なんだか

岩山は茶色くないけど、

グランドキャニオンを見ているような・・・印象を受けました。

きっとここもフランスのエネルギースポットの一つだと思います。


殆ど、毎年家族でカヌーを楽しみます。

この年は下の子も少し泳げるようになったので

長距離に挑戦してみました。

水の上にひし形で紫色と赤が混ざった、とても大きなオーブが出ています。

きっとこの河の精霊なんですね。


今日もこのブログを見てくださっている・・縁がある全ての方に
一筋の光が降り注がれますように。
愛を込めて 
ありがとうございます。 

2009.11.19 06:45 | 高次元との繋がり | トラックバック(-) | コメント(-) |
dalia rose










ほんとに、ここ2~3年ほどで、

何かを変わらざるを得ない状態になった方は何人おられるでしょう?

私自身もそういう時期にいます。

今は、変動が大きい時です。

益々それぞれの魂がクリアーになり、

自分らしさ、純粋さを取り戻す応援をしてくれます。

変容の波に乗りましょう。

豊かさを「受け取ること」を応援してくれる

女神アバンダンティアのワークを行います。

波動の変容への拍車をかけてくれるワークです。



 まずは、リラクゼーションの誘導瞑想から入ります。
          そして、アチューメントを行います。

 日時 11月28日(土)11時~13時

 費用 80ユーロ

 テキストは当日お渡しします。

 ワーク参加をご希望の方は、クリスタルの石かコインをご用意ください。
  すでにお持ちのクリスタルを持参されたいときは、前もって石の浄化をしておいて
  ください。  満月か新月の日、石を水の中に入れて外に出しておくのも良いですし、
  流水の中に3分ほどさらしてあげるのもいいかと思います。 
  その他、もちろんご存知の方法でOKです。 準備だけお願いします。

ご質問等は、masami@wakiai.com までお問い合わせください。


出会いを楽しみにしています。


また、フランス国外におられる日本人の方で遠隔などで

受講されたい場合は、個人セッションとなります。

ご相談ください。



2009.11.16 19:34 | ワークのお知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) |
IBIZA7

IBIZA7

ibiza 1

IBIZA2

IBIZA3

IBIZA4

IBIZA5

IBIZA6









夏以降とても忙しく今日まで流れるように過ごしてきたような気がします。
気がついたら、もう2009年も残り少なくなってきました。
以前から紹介しようと思っていた写真をアップして行こうと思います。
オーブ特集です。

夏休みに行ったスペインの島IBIZAのサン・ミゲエル洞窟の中の写真です。
背景のライトが色とりどり変わる中、沢山のオーブが写りました。

オーブ達が写真に撮られるのを喜んでいるような雰囲気さえ感じ、
次々に押したシャッターでした。

スペインは、ヨーロッパでもキリスト教が今でもしっかり根付いている国の一つ。
スペイン語では、ミカエルをミゲエルと発音します。
この小さな島にも、あちこちにSAINT=サン、
聖なる者と名のついた地名に出会いました。
この洞窟は、島内で名所のひとつ。

久しぶりに写真に写る沢山のオーブを見ながら、ふと思いました。
オーブが霊であり光なら、
私達をどんな風に見ているのだろう・・・


今ちょうど、遠隔させて頂いている仲間がいます。
私は、有料個人セッションとは別に、
霊気関係者やその他祈ってくださる方々と共に
応援遠隔に参加することがあります。
また、こちらから仲間へ応援を頼むことがあります。
たとえ、1分でも誰かが誰かのために集中することは、
お互いのために、とても貴重な瞬間となるからです。
昏睡状態や植物人間と断定された方へ
コミュニケーションをすることもありました。
宇宙時間で一瞬の出来事なんだと思いますが、
受け取るものはとても大きいです。
縁あって、顔も知らない方々と繋がる。
私のひそかな喜びで、幸せ一杯のときです。

テーマを投げ掛けてくださる依頼者をきっかけとして、
いろんな人が集まり、心や時をシェアーするのは、
なんと貴重なことかと
最近つくづく思うことがありました。
誰もが何かを与えていて、受け取っている。
そのことは約束されたかのように
偶然はなく、出会うシンクロの中で、
何かを受け取っていきます。
全ては平等の関係なんだということを
またまた感じているところです。


7月には、縁あってモン・サン・ミッシェルに行き、
現地から地球と繋がって下さったみなさんへの祈りをさせて頂きました。
祈りの輪は200名以上の方へと広がり、
沢山の方が感想を教えてくださりました。

もう一度、年末までに、また祈りの会をもちたいと思っています。
先日、アイデアがやってきました。

今度は、私が住むパリの街のある教会に立ちたいと思います。
新しい年を迎える前に、
私が大好きな、「ゼロになる瞑想と祈り」からお届けしたいと思います。
皆様には近々このブログで呼びかけますので、どうか参加ください。

ではお楽しみに。

寒くなってきました、みなさまお体ご自愛くださいね。


2009.11.12 23:58 | 心の扉を開く | トラックバック(-) | コメント(-) |
niko niko








宇宙がくしゃみしたくらいの・・今生の間に、

どれだけ、心が震える体験をできるのだろう。

どれだけ、心に残ることを体験できるのだろう。

私達は生身・・人間。

命ある限り、生きる。

どんな生き方したい?

自分にとって、人にとって幸せって、何?


どんな使命があるのか、知らなくてもいい。

ただ、今日という日を

楽しく、暖かく、気持ちいい・・・感じで生きてみよう。

そしてできれば

今、あなたの目の前にいる、その人をよく見てみよう。

あなた同様、彼らも人であり、地上に降りた天使。

役割を持っている。

忘れてしまっているかもしれないけれど

今生で出会おうね・・と約束したから現れてくれた、

かけがえのない光の分身。


遠くを探さなくても、

すぐそこにある・・・小さな奇跡。

幸せと思えば幸せになるけれど、

全然思えないこともあるかもしれない。

幸せを感じないときは、

ひょっとしたら・・・

思い違いしてるかも・・・

と、ふと立ち止まってみるのもいいかもしれない。

呼吸するだけの、

ほんの数秒のスペースをあげるといいかもしれない。

きっとその瞬間、

あなたがいるその場所は、もう天国に変わっているかもしれない。



今日体験したことは、ハートの形に見えないかもしれないし、

目の前の人格をかぶった天使は

羽なんか全然生えてないように見えるかもしれない。

でも、あなたの人生の真実は

あなたが見た世界の中にある。

あなたが見た世界が、そこにあるだけ。


心が震える体験をしてみよう。

心に残る出会いをしてみよう。

時々は、

聖なる羽のない存在達に囲まれていること

自分も誰かを囲んでいることを思い出してみよう。 

そして、できれば

ありがとう・・・をマントラにしよう。

空に感謝するのと同じくらい

目の前の人に「ありがとう」を伝えてみよう。

楽しくて、暖かくて、気持ちいい・・・瞬間が増えるかもしれない。

merci et je t'aime


2009.11.05 08:09 | 心の扉を開く | トラックバック(-) | コメント(-) |
kao








インナージャーニーのワークは不思議な体験の中で終わりました。


私達の中に眠っている

海、山、陸、空、動植物など

遠い昔から記憶されている・・何かとの再会です。

普段の生活では体験できない、感覚や感触が蘇ります。

前世や未来世を垣間見る旅でもありますから、

体感したことはとても貴重な体験を与えてくれます。

日常と全く関係ないようで、

今日の私達に深く関わっているのです。

肉体を持ちながら、肉体を超える旅。

遠い昔の記憶を

今、この肉体を持って体感することで癒しや気づきをくれます。

ワークの最中は、

私も影ながら、一人一人の参加者の魂のレベルへシフトさせて頂きました。

エネルギーワークは理屈ではないです。

体験すればするほど、どんどん細胞は活性化されていくのです。

そして顕在意識を超えたところで体験したことを

一人一人が、必要な時間をとりながら

今世、この次元で、形創っていかれます。

どんなイベントが待っているのか楽しみです。


2009.11.03 06:42 | スピリチュアル・ジャーニー | トラックバック(-) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。