Light Worker "love and laugh"

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「無常」

最近やけに気になる言葉なのです。

無常。

同じことを繰り返す中に、キラリと光る・・・大切なことに気が付く。

私達は、常に現在形・・常に変化している。

どのときも、たった一度しかない。

同じ練習を繰り返す、
同じ通勤路を行く、
同じお茶を飲みながら

・・新しさを感じることができるかどうか。

どれだけ心がさらでいられるか。

毎日毎回同じ?
毎日毎回違う?
スポンサーサイト
2010.01.29 06:44 | 心の扉を開く | トラックバック(-) | コメント(-) |
italia michael 10








イタリアのサン・ミッシェル教会の入り口にある表示です。
イタリア語とラテン語で書いてあります。
「あなたは長い沈黙に導かれます。 あなたの心と会話をしてください」




今、部屋の模様替えをしています。
模様替えといっても、家具などの大移動で、結構大掛かりになりました。
もう必要のないものを手放す、いいきっかけになっていて
なんとか楽しみながらやっているところです。

いろいろやることはあるのだけれど、
なんだか、部屋の模様替えをやりたくってしかたがなかったので
思いきって始めることにしました。

普段からまめに整理をしておくと掃除も簡単ですが、
いつか必要かな~、時間があるときにでも整頓しよう・・
など思いながら、なんでもかんでも置いておくと
どんどん溜まってしまって、いざという時は大掃除ですね。

時々講座などでお話するのですが、
本当に家というのは、自分の体と同じなんだ~とつくづく思います。
そして掃除はまさに瞑想です。
みなさんは、自分の家や部屋をどのように扱っていますか?

家は、磨いたり、掃除したり、故障があると手直ししますが、
体も、浄化が必要だったり、疲れたら休ませたり、時には鍛えたり
・・・と、同じですね。


パリにやってきたときは、トランク一つできました。
当時、日本の荷物は大体整理して、
後から本当に必要なもの2箱くらいを郵送しました。 
そうやって手ぶらになった気分は結構身軽で、ワクワクしたな~など
思い出してみますが、今やさらに家族が増えました。

二人目の子供が生まれたときは、まだ部屋にも空間が沢山ありましたが
成長と共に、物が増えました。
一人増えるというのは、結構なもんです。
かわいい思い出が積み重なってきますから、物への執着も増えてきます。

でも、最近は「思い出づくり」・・・が大事だと思いるので
物は本当に必要だと思うものだけを残していくように
努力(笑)し始めました。
整理整頓をしていると、母が亡くなったあとの家の方付けのことを思い出します。
一人の荷物って結構あるもんだなあ・・・と感心しました。
そして、私達は、死ぬときは何も持って行かないんだな~など、考えてみたり。

内側の掃除と外側の掃除、
どっちからでもいいと思います、
そして、どちらにも影響しているもんですね。

と、いうわけで、最近・・新年入ってからですが、少しづつですが、心も体も
掃除瞑想中という感じです。
2010.01.26 06:27 | 心の扉を開く | トラックバック(-) | コメント(-) |
Italia Michael 1

italia michael 2

italia michael 3


italia michael 9





italia michael 6






italia michael 8










イタリア巡業を終えてパリに戻りました。

無事出発できて、よかったです。
もし、前日に乗るチケットを取っていたらストのため
飛行機が飛んでいなかったようでした。
ストのおかげで、シャルル・ドゴール空港は人が少なくて静かでした。

ミラノ・マルペンツァ空港には、ジョゼッペとアリアナ夫妻が
迎えに来てくれました。
1年ぶりの再会でしたが、ついこの前会ったような感じです。

木曜の夜は、ワークをさせて頂きました。
体全体でエネルギーを感じることや呼吸、瞑想、
そして、エンジェルカードを引いて、みんなで心の内側に入っていきました。
スピリチュアルな人が多く、深いシェアーとなり
愛と調和に包まれたひと時を過ごすことができました。 

金曜と土曜は、新しくなった霊気テキストを元に講座を進めました。
伝授者の特徴が出る神秘伝/レベル3では、更に興味を持ってくれたようで、
「1989年にREIKIに出会い、ずっと求めてきたものに出会った。
 自分も生徒にこれを伝えたい」
・・・など、目をキラキラさせて喜んでくれて、
とても勇気づけられました。

初伝、奥伝では、いらない荷物を降ろして、浄化を始めてもらいます。
神秘伝では、更に身軽になるために、感情・マインドの浄化を進め、
「手放す」過程を大切にし、
更に全ての根源へと繋がり、光・魂との融合を促進していきます。
エネルギー的には、波動の状態が繊細かつクリアーになるのを促進させていきます。
どの段階も必要な時間をかけて頂き、私も付き添うつもりで一緒に学びます。

日常生活の中で、ヒーリングを沢山体験してもらい、
愛でいること、そして生きている・・・ということを、
実感してもらいたいと思っています。
日本で大正時代に生まれた霊気療法は本当に奥が深くてすばらしいです。

ジョゼッペは、空手8段、剣術と忍術の先生で、道場を開いています。
また、平衡して東洋医学ナチュロパティの学校を経営し、
そこでは指圧、気功、マッサージ、漢方、霊気を教えている先生です。
イタリアのある公立病院の看護婦グループが勉強しにきたり、
その病院の紹介で患者さんが彼のヒーリングを受けにきます。
この道30年、たいへんなベテランを捕まえての講習会でした。
彼らの熱心さや、古典的日本を感じさせる人柄には本当に感心させられます。
ここでも、国や肌の色という境はなく、
魂の出会いとふれあいを強く感じる貴重な体験をさせて頂きました。


日曜は、イタリアのサン・ミッシェル教会に行きました。
イタリアには、ミカエルゆかりの土地が2箇所あります。
その一つが今回訪ねたミカエル教会です。

雪と霜の山道を車でくぐり抜ける光景は、とてもロマンチックで神秘的でした。
トリノの近く、西暦約500年にミカエルが降臨し、
その場に最初の石が置かれ教会の建設が始まったそうです。 
フランスのモン・サンミッシェルは、海に囲まれていますが、
ここは、海抜962メートルの頂上に建てられていました。
やはり、ハイシーズンは観光客で大賑わいだそうです。

教会の入り口の手前にくると、急な階段があり、
そこで、ガイドさんの話を聞きます。
私は、片言のイタリア語しかわからないので、ガイドさんの話しには
あまり注意せず、場のエネルギーを感じるために瞑想していました。
突然、心臓の鼓動が広がり、ハートが開いていくのを感じました。
多分、5分ほど続きました。
私が常日頃感じる宇宙エネルギーとの繋がる感覚よりも、
ハートの部分に、とてもはっきりとしていて強く集中した
エネルギーを感じていました。
しばらくすると、
ガイドさんが、次の場所で説明するために、みんなを移動させました。

アリアナが、「あなた何かお願い事した?」って聞くので、
「え?なんで?」と尋ねると、
「さっきガイドさんがあの場所で願い事をすると叶うと言ったのよ。」
「私は、瞑想中で、何も耳に入ってなかったの。
 でも、ハートの部分にとても強いエネルギーを感じていたの」・・と話しました。

ひょっとしたら、願い事をしなくても、
ちゃんとエネルギーを頂いていたのかな~
などワクワクしながら、考えていました。

それから、みんなで教会の中に入りました。
とてもシンプルな素朴な教会でした。
なぜか、目の前に天使が大きく羽を広げている影があります。
とても不思議な影でした。
ライトアップはされているけれど、その部分にはどうやって
そんな影ができるのかわからない。
「きっとミカエルだね」・・・みんなでしんみりと納得しました。

司教さまのお話を聞いている間中ずっと、
第8チャクラの部分と足の裏にとても強いエネルギーを感じていました。
今そのことを思い出すだけでも、頭のかなり上の方に存在感を感じます。
司教さまの話はそんなに長くは続きませんでした。
お話が終わると、少し教会の中を歩きました。
ミカエルの影と向き合うように、
とても素晴らしいマリアさまの絵がありました。
こんなマリアさまは見たことがありません。
幼いイエスさまを抱きながら、授乳をしている姿でした。
優しく赤ちゃんのイエスを見つめるそのまなざしは、
「母」の姿そのものでした。

教会を出た後、みんなで近くのカフェに入り、私がその絵のことを話すと、
「え~、そうだったの? 気が付かなかった!」
・・・とみんな口々に悔しがっていました。
私はその絵の小型版のポスターを買ったので
それをみんなに見せてあげると、
「ホント、素敵ね~、母ね~」とその絵をみながらホノボノしていました。

確かにマリアさまが密かに乳首を出してるのですが、
イエスさまの小さな手と重なって集中してみないと、
見えなかったのかもしれません。
私は、なんて素敵なお顔だろう・・と、
じ~と絵に見入っていたので、
そんな細かいところまで気が付いたんですね。
とにかく、またひとつ、
とても素敵なマリアさまとの出会いをさせて頂きました。

マイナス4度の教会は寒かったです。
暖かい紅茶がとても体にしみて、ありがたかったです。
寒さのせいなのか・・普段からこんな感じなのか、
残念ながらゆっくり教会の中には長いさせてもらえませんでしたが、

教会の外のテラスからは、あたりに雲が広がり下の景色は薄っすらとしか見えず、
なんだか、教会と共に、雲の上に浮いているような不思議な感覚でした。
一段と空に近づいたような、そんな気持ちにさせてくれました。 

2010.01.21 08:14 | スピリチュアル・ジャーニー | トラックバック(-) | コメント(-) |
Transformation

変容


昨日、アトリエで引いた私のカード。
私が選んだ質問は、「今年は何をするべきか」

アトリエでは、カードについてシェアしたのだけど、
思い出さなかったことがある。

今、なんとなく書きながら思い出したこと。
実は、今年はあることにチャレンジするつもり。
それがまさに変容というタイトルだったりする。
ずっと楽しみにしてきた、あること。
ん~、いつかブログでシェアできたら、いいなあ。
うふふ・・・


それとは別に、変容という天使が付いていてくれるなら、
そうしよう。。。と思いつき、
いつもと違う一味を楽しもうと実践に入ってみた。
私は、実感したいタイプで、
思ったことは行動して、体験したい・・と思ってしまうのです。


イタリアはとっても寒いので、暖かいコートを買いにSOLDへ出かけてみた。
SOLDが始まっても、時間がなくて買い物に出かけるタイミングがなかった。
ここ数日、時々手が空いたときに近所の店に立ち寄ったりしてみても
なかなか、コレ・・と思うコートに出会わない。

・・・で、今日は、これが最後と決め、
今まで入ったことのない、ある店に行ってみた。
コートがあった!
色は、つやのある黒とブルーグリーンというのか、私の好きな色。
どちらも手にして、少し待ってみた。
どっちがいいかな~。

「あっ、変容やったわ~」
ふと、その言葉が浮かび、ブルーグリーンに決めた。
好きな色とはいえ、そんな色のコートを選ぶとは思いもよらなかったけど。
チャレンジした感覚がなんとなく気持ちよくて、
レジで並んでいたら、少し年配のとても上品なおばさんが
私の横を通り、止まった。

私が持っているコートを触りながら
「あなたが持っている色素敵ね、どこにあるの?」
・・・教えてあげたけど、その色はたった一つだけ残っていたみたい。
あとは、黒しか残っていない。

私のために待っててくれたコート~、ようこそ~
おばさんに素敵ね・・と言われて益々ご機嫌になった私。

ん~、変容・・・。
今の私にピッタリの言葉だわ~。
そういえば最近、自分でも不思議に思うことがある。
もう20年ほど止めていた、コーヒーが飲めるようになった。

昔OLをしていた頃は、1日3杯ブラックで飲んだりしていたけれど
もう、全く飲めなくなっていた。
で、今はカフェインの少ないコーヒーに
ミルクと砂糖入りのコーヒーがお気に入りになってる。
一息付きたいとき・・というのか、
子供が家に帰って来て、おやつを食べながら
今日はどんな風に過ごしたのか・・など、話を聞くのが楽しみなのだが、
特に最近は私もコーヒーを飲み、ホッコリしながら話を聞くのがうれしい。
ずっとお茶党だったのに~、不思議~。

エネルギーワークをしている人は、
波動が下がるのでコーヒー、お酒、肉食などは避けたほうがいいと
一般的に言われている。
だが、私の周りで、とても慈悲の心が深く、エネルギーが繊細で透明感が
あるタイプの仲間は、これと全く逆を行っている。
私自身は、元々精進料理のような煮物が好きだけれど、
育ちざかりの子供のことを考えると
適度にいろんな料理をして食べさせるようにしている。
ただ、基本的にはお肉は食べなくても生きていけるタイプではある。
コーヒーはあるとき飲んだら胃の調子が辺になったことが
数回続き、自然に飲まなくなったのだけれど。

それが今になって飲めるようになった。
別に飲まなくてもいいのだけど、
私としては、ごく些細なことなのだが、
なんとなくブロックが一つなくなった気がして
嬉しくて、コーヒーぞ飲むのを楽しんでいるところ。

これも変容の前触れなのかしら~?
なんだか、楽しみが増えそうで~ワクワク。

明日はパリの空港はストがあって飛ぶ便が減るようなのです。
なんとかイタリアに無事行けますように・・


2010.01.14 08:12 | 心の扉を開く | トラックバック(-) | コメント(-) |
1月30日(日) 臼井霊気療法 初伝の講座を開きます。

癒されたい方。
家族を癒したい方。
ヒーリングを習いたい方。
自分を浄化させたい方。
エネルギー的な変化を感じたい方。
エネルギー的な変化を感じているが、何かが足りないと感じている方。
日本人の心を取り戻したい感じがしている方。
・・・などなど。

日本発祥の霊気療法です。
体、心、精神が共振共鳴するのを感じてみてください。

静かなひと時を、自分の中に入る時間を過ごして頂きます。
お問い合わせは、masami@zenreiki.org までお願いします。


2010.01.12 07:58 | ワークのお知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) |
maria 2










『 時には自分を律し、
  時には自分をほめること。

  どちらかではなく、どちらも・・なのです。

  魂のレベルで「あるがまま」でいること、
  「あるがまま」の本質をしっかり受け止めてください。

  どんなことをするときも、
  そこに心を込めること、
  気づいていて、今にいることが大切なのです。

  その時に私はあなたと一緒です。』


12月15日教会で書きとめた言葉の一つでした。
あれからもうすぐ1ヶ月。
年末年始を山で過ごし、癒されながら
少しづつ自分の中に消化させているところです。

この言葉達は、
私そのものへのメッセージでした。

自分の中にある
光と闇
天使と悪魔
喜びと怒り
傲慢さと気の弱さ
どちらかではなく、どちらもある。

それを丸ごと受け止めて愛すること。


そうなんです。
93年にフランスに来て住み始め、逆に日本のことが少し見え、
フランスのこと、西洋のことが少しわかるようになった今、
自分の位置が前よりは少し明確になってきたように思います。
フランス生活で、揉まれたおかげで、柔軟になった気がするし、
自分を益々日本人だな~と・・実感したりもしています。

もちろん、宇宙人であり、地球人だというのは大前提なんですが、
私は今、フランスに住む一人の日本人という小さな枠の中でも
自由を感じている今日この頃です。

フランス人でもなく、日本人でもない。
そして、日本人であり、フランス人でもある。
どちらか・・ではなく、
どちらも・・なのである。

また、日本人であるとか、
フランス人ではない・・などではなく
人として愛の存在として、両手を広げて誰でも触れるように
自分を明け渡している・・状態そのものでいること。
そこを通りたい人のために両手を広げていられること。
それが大事なんですね。

だから・・これもあり、それもあり。
『どちらかではなく、どちらも・・なのです。』

瞑想によって書きとめた、この言葉がじ~んと身に沁みています。
全て集約された気がしています。

益々、一人のスピリチュアル・ヒーラーとして、
体験からワークやヒーリングの時間をシェアしていきたい・・と思います。

日本の霊気を伝えるのも、
スピリチュル・ヒーリングを伝えるのも。
どちらの私も私自身であり、
どちらか・・ではない。

ただ、魂の本質・・愛でいること。

ずっと縁があった神々や天使
縁あるスピリット達との共同作業が本格的に始まった気がしています。
西洋と東洋が調和したエスプリのワークをお届けできたら~と思います。

そうそう、
前のブログに少し触れましたが、
大天使ミカエルや天使のヴィジョンを見てから、
ワクワクしていたところなのですが。

今週14日から18日まで、イタリアに霊気伝授に行きます。
先週末、打ち合わせのために連絡をくれたイタリア人の仲間が
私を、イタリアのミカエル教会に連れていってくれるというのです。
驚きました~・・・やっぱりミカエルがまた来ています。

イタリアには、フランスのモン・サン・ミッシェル以前に
ミカエルが初めてヨーロッパに降臨したと言われる土地があります。
そこに連れて行ってもらえるのかは???ですが、
彼の奥さんも私をそこに連れて行きたいと、
二人で張り切ってくれています。
なんだか、とってもワクワクしています。
帰ってきたら、また報告しますね。  



2010.01.11 18:19 | 心の扉を開く | トラックバック(-) | コメント(-) |
plein lune 31 Dec 09







12月26日から1月2日まで家族揃って、アルプスの山に行きました。
主人と子供達は、スキーに楽しみ。
私は、散歩とひたすら ぼ~っとする日々を楽しみました。

山の生活では、ちょうど年末年始ということもあって
なんとなく、最終の浄化のタイミングとしては
いい場所に来たな~とワクワクしてました。

おまけに12月31日が満月だなんて、
なんだか、益々新しい気持ちになる感じして
恒例のお祈りも幸せ倍増です。

雨が降ったり、大雪になったり、太陽が燦燦と照ったり、
いろんな顔を見せてくれた山でした。
お天気予報は、フランスの METEO(フランス気象局)よりも
私の予測が3日連続で当たったりして、
アニメ・風のナウシカに出てくる ばばさま風に・・
「山の神様が教えてくださったのじゃ~」・・・は、
家族で大うけしてました。

あるとき、前日は雨が降り、メテオでは翌日は一日雲に
覆われ雪が降るとの予報。
主人がインターネットで調べて教えてくれます。
その姿を横目にしながら
私は、アパートの窓を開けて空に向って話します。
「もうそろそろ雪になってもいいよ~、雨をありがとうね~。」
で、私はさらに調子にのり・・・
「明日は良い天気になるよ~みんな楽しみにしておいて~」
家族は大笑い。

スキーに来て、雨・・というのは、
通常ではあまり歓迎されないのですが、
私は、狭いアパートの中で、家族揃ってゲームをしたり、
この、のんびりしたムードがとっても気に入ってました。
結局どんな状況でも、楽しくてしかたがない・・という感じでしょうか。

その日の夕方、雨から霙に、そして雪に変わりました。
「わ~雪に変わった~」
子供達が歓喜、大雪なんだけど、それも嬉しくって仕方がありません。
天に大感謝です。

そんな調子で、翌日は朝からとってもいい天気、晴れました~。
前日夜のMETEOの予測は、曇りで雪だったのですが・・・
そんな感じでなんと3日も私の天気予報が当たってしまいました。
シンクロのワクワクを楽しませてもらったことに感謝しながら
更に自分を大事にしよう・・など、しんみり思ってみたりしました。

晴れた空の下、
娘と二人で雪の山を歩くことにしました。
ふわふわの雪を触りながら、そして雪玉を作りながら
のんびり山を登っていきます。
贅沢なひと時でした~。

太陽燦燦の青空から白い雪がふわふわ、きらきら舞い降りてきます。
娘も私もおおはしゃぎ。
「きれ~い、キラキラ~」
娘が顔を上に向けて雪が顔にかかるのをまかせてました。
山を少し登ると、まだ誰も足を踏み入れていないところが
所どころにあります。
そ~ゆ~ときは、雪の上に寝そべったくなりますよね~。
娘は早速雪の中に飛び込みます。



yuki 1







人生には、遊び心が大事ですね~。
いかに楽しめるか・・・なんだと思います。

娘は、ゴロゴロ・・・体を回転させながら
誰も踏み入れてない雪の上を、どんどん動いていきます。
無邪気で可愛い娘に倣って
娘と私はお尻が冷たくなるまでフワフワの雪の中に
体ごと埋もれてみました。
あ~気持ちいい~。
熱いくらいの太陽を浴びながら、私も雪の上に寝転んで。
なんとも不思議な感触です。
今度は、顔を埋めてみました。
自分達の顔とは思えない、お面ができました。
あまりにも、おかしくて
娘と私は、大笑い。
あ~な~んて、幸せなひと時なんでしょう~。

budda ma










山を降りる前に、遠くの山を見ていると
ヴィジョンが見えました。
天使です。
一人の大きな天使とその天使を囲むように
ずら~と並んでいる天使。
なんだか、ワクワクしてきました。
何かが始まりそうな気がしてます。

15日の瞑想以来、クリアーになったこと。
そして、私の一部になるのを待つかのように
消化中のことなどがあるので、
いつか・・・何かが起こる気がします。
またシェアーさせてくださいね。



yama les arcs 1




soleil les arcs



ange clara
2010.01.07 02:23 | ぶ~らぶら | トラックバック(-) | コメント(-) |
みなさま、お正月いかがお過ごしでしょうか?

私事ですが、喪中なので新年のご挨拶は控えさせて頂いています。
・・・でも、
新しい年を迎え、嬉しくてしょうがいないので
フランス式でお届けしたいと思います。


tour effel 2


写真をクリックして頂くと文字が読みやすいです。

昨年末に撮ったのエッフェル塔の写真です。
エッフェル塔の精霊でしょうか?
オーロラのような光の幕もうっすら見えます。
ピントがずれてしまったんですが、
綺麗なので、ご紹介したいと思いました。


15日の瞑想以来、メッセージを下さるみなさま
ありがとうございます。
とても、励みになります。
また、参加表明の際に、全員の方にお返事できなくてすみませんでした。
言葉で表現くださらなくても、
個人的に癒されて頂いたなら、それで幸いです。


私も個人的に動きがあり、
15日以来、クリアーになったことなどあります。
今消化中です、準備ができたら
シェアできるかと思いますので、どうかお楽しみに
お待ちくださいね。


心から感謝の気持ちをこめて 
2010.01.04 18:44 | 心の扉を開く | トラックバック(-) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。