Light Worker "love and laugh"

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Ondine






 
上の写真は2007年に撮ったものですが、今ほぼ同じ地方に来ています。
 今年の山の写真は、まだコンピュータに取り込んでいないので、
 ちょっと古いのですが、珍しい写真なので紹介したいなあと思いました。
 川の真ん中には、紫色がかったひし形のオーブが出ていました。
 当時は、川の妖精か神様みたい!と家族ともどもはしゃぎました。
 実はこのオーブの写真は2枚撮れたのですが、もう一枚は
 私の水着姿が登場してしまうので、ここではアップできません!





道ってみんなにある。

最近フランスでは、霊気道という言葉を聞くことがある。
一般的に知られている 柔道、合気道、空手道、書道、華道、茶道 etc

これらは、習い事から始まって、道になる。
生き方そのものになることもある。
道は一生続く。

そして、一人一人に道はあると思う。
特に、そういった習い事をしなくてもあるのだと思う。

生まれたときから、与えられている才能や特技がある。
他の人にはないものがある。
才能や特技ときくと、何か特別なことに聞こえるかもしれないけれど、
そんなに自分から離れているものでもなさそう。

話すのがが好き、人と集まるのがすき、一人でいるのが好き
料理を作るのが好き、本を読むのが好き・・・
結構、自然にやっていて
自分が一番居心地いい時間。
道に続くことって、そんな簡単な日常から始まるのだと思う。
どんなことに時間を費やすのが好きなのだろう?

その「好き」なことともう少し付き合ってみるといいかもしれない。
一日20分だけでもいいから、自分のためにそれをする
時間をあげる許可をするといいかもしれない。
その部分が膨らんで、もっと自分を好き・・に近づけてくれる可能性がある。

この原始的な山の中で、川で泳ぐ魚たちを見ながら
そんなことをふと・・考えた午後でした。



スポンサーサイト
2010.08.23 17:20 | 心の扉を開く | トラックバック(-) | コメント(-) |
Fribourg tree












8月に入って、初めてブログを書きま~す。
のんびりしてま~す。

8月17日夕方パリに到着し、翌朝南フランスに来ました。
今年は、めちゃくちゃ移動が多い夏休みです。
それにしても、どんどん移動が簡単に思えてきました。
今朝日本にいたと思ったら、もうフランス・・・。

交通機関が発達したおかげと、
子供たちの成長のおかげでもあります。
手がかからなくなってきましたから~。
それに、子供たちがかなり小さいころから
主人がいつもあっさり、出かけてもいいと
行ってくれるからです。
おかげさまがいっぱいで、ますます気楽に旅できるようになるのだと思います。


8月4日から久々に日本にやってきた主人は家族に会うのも
目的ですが、観光気分満々でした~。
5日から移動開始です!
京都にじっとしていた日数は、3日間ほどでした。

私自身もあちこち移動していましたが、
何よりも、主人や子供も含めての家族そろって
新しい出会いがあり、これは一番のギフトでした。
魂の再会という感じで、おまけに
家族4人が相手のご家族に出会うなんて、楽しみが4倍膨らむ感じです。

私は、17年前からフランスに住み始めて以来、お盆に実家の京都にいることは
一度もありませんでした。
パリには8月上旬に戻るのが常でした。
今年は、7月のトランスフォーメーションげームの研修などがあり
日本への出発が遅れてしまったのも幸いし、
お盆にあった中学の同窓会にも出席できました。
30年ぶりに再会した同級生が沢山集まりました。

そんなこんなで、同窓会で懐かしい顔に会う機会があり、
ワークなどでは、新しい出会いもいくつかあり、
家族ぐるみで魂の再会をする場面もあり、
とても充実した日本滞在でした。


8月8日パワフルな一日となりました。
ブログで報告するのが遅くなってすみません。
参加してくださったみなさま、
オーガナイザーのエリザベスさん、
素敵な場を作って下さってありがとうございました。

ワークの内容は、とことん詰めていたわけではなかったのですが、
シンクロがありました~。
私がやりたいと思ったことと、
エリザベスさんのやりたいことがうまい具合に融合されてました。

私がフォーカスしていたことは
みんなそれぞれでいい・・・
ありのままの自分でいることです。
そして、自分という体も含めたこの存在を最大限に生かしてもらいたい。
こんな気持ちでいました。

気持ちほぐれるゲーム、
体全体で感じ、表現すること、
分かち合うこと、
瞑想の中で、神聖な自分や何かに出会ってもらう。

参加者のみなさんが、
1日のワークのどこかで、何か大切なことに出会ってもらえたら・・
そのために、やりたいことだけをやらせてもらおう。
そう思っていました。

最後のシェアーでは、感動的でした。
みなさんが、とても敏感でおられて、
深い愛と大きな勇気を感じました。
地球のどこかで、小さな力が全体に役に立っているのだと
強く感じました。


来年のことを言うと鬼が笑う・・と
私が小さいころ、おばあちゃんが言ってましたが、
来年は、2日ほどかけて、じっくりワークをしてもらいたいと
エリザベスさんがお話してくださいました。

たぶん、これから
もっと個人に入っていくワークになると思います。
私自身も変化し続けています、
より、自分のやりたいライフワークに近づいていくのだと思います。
出会いを楽しみにしています。



2010.08.22 18:12 | 心の扉を開く | トラックバック(-) | コメント(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。