FC2ブログ

Light Worker "love and laugh"

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
eglise st jacques











Comment s’est passé au moment de prière ?
Vous n’avez peut être pas eu d’événement spécial
mais si vous avez passé un bon moment de calme,
alors je suis contente car pour moi, c’est ça le miracle.

Le soir du samedi 18 je me suis aperçu que mon ordinateur ne marchait pas bien.
L’écran n’affichait aucune image correctement.
Mon mari disait qu’il s’agissait surement d’un problème d’écran ou
de carte graphique. Je lui ai demandé d’attendre une nuit
et de voir les changements le lendemain.

Le dimanche 19, j’ai passée une journée douce et
tranquille en famille puis, le soir après dîner,
mon mari commençait à prendre en charge mon ordinateur afin de le réparer.
Il disait toujours qu’il s’agissait d’un problème de la carte de graphique.
J’avais déjà acheté un nouvel ordinateur
mais nous n’y avions pas encore transférer les données de l’ancien ordinateur.
Mon mari démarrait l’ordinateur mais on ne pouvait pas lire ce qui était écrit sur l’écran!
Ça m’embêtait, mais je l’ai totalement confié à mon mari.
J’ai décidée de regarder tranquillement un DVD avec mes enfants.
A 1heure du matin, mon mari a enfin réussi à transférer les données de l’ordinateur.
Ça marche ! Je savais en fond de moi que mon mari pouvait régler ce problème,
car je trouve souvent qu’il est vraiment capable de régler
les problèmes dans plusieurs domaines différents et
c’est une grande chance d’avoir un accompagnant comme lui,
je le remercie pour l’existence, de ses capacités et de son attitude sereine.
Je sens souvent un « ça va aller »,
mais je pense que cette confiance m’arrive dans ma vie aussi grâce à son existence,
qui m’aide à me donner confiance.

Enfin, après 1h de matin,
j’ai commencé à réciter tout les noms que j’ai reçus pour la prière et la méditation.

Le lundi 20, il neigeait dès le matin.
Il y a d’autres évènements qui m’arrivent !
Mon fils avait la fièvre depuis cette nuit, voila,
il s’est relâché au début des vacances. Un autre évènement,
c’est les travaux de mon appartement.
On a fait des travaux qui n’auraient finalement pas du être fait !!!
Les ouvriers devaient venir des le matin du 20 pour reconstruire les choses qu’on a cassées !

Enfin bref, je confiais la suite à ma fille et je suis parti à l’église
qui se trouve à côté de chez moi. C’est l’Eglise St Jacques Haut Pas.
Après ces événements,
j’avais quand même le sentiment de m’amuser en fond de moi
ce qui me fait sourire toute seule,
j’allumais quelque bougis et remerciais tout d’abord
avant de commencer la prière et la méditation.

A 10h35, je commençais à réciter les noms de participants.
Je m’aperçu que cette église ferme entre 12h45 au 14h,
alors je revenais à 14h30 et restais jusqu’à 15h45 finalement.

La première église à laquelle je pensais aller était une autre église,
mais malheureusement elle est fermée le lundi.
J’en avais choisi une autre mais je n’étais pas sure d’y aller,
a cause du temps qu’il fait.
Alors finalement, j’ai décidé d’aller à l’église habituelle.
Le sens de « la vie quotidienne » qui m’avait fait sentir que
celle-ci est juste pour la prière de cette année.
Pour la petite info. La rue St Jacques possède
une des lignes de rayonnement spécifique dans la France.
Peut être parce qu’il est le chemin de St Jacques de Compostelle.

Alors dans l’église,
je me suis assise devant la statue de la vierge Mari et son enfant
qui me regardent. Après avoir récité 3 fois tout les noms,
j’ai commencé à méditer.

Quand j’ai récité tout les noms, même quand je lisais le nom de personne
que je ne connaissais pas…mes sentiments remplissaient pleinement dans mon cœur.
La souhaite que la paix n’arrête pas de s’agrandir
pour la famille de la famille de la famille de…… chaque personne.
Que la purification nécessaire arrive et que la gratitude germe dans chaque cœur.
Quelque moment plus tard en regardant cette statue,
j’ai trouvé qu’elle était différente aujourd’hui.
Et comme si j’avais entendu
« chaque enfant arrive à travers les mains de la mère universelle »
L’enfant est envoyé par l’univers, moi et vous aussi.
Nous sommes ici pour sentir et expérimenter l’amour.

A 12h05, la messe à commencé.
L’histoire du curé était très intéressante.

« Marie était prête à servir Dieu pour toute sa vie.
Mais un jour l’ange Gabriel annonçait qu’elle allait avoir un enfant,
son nom serait Emmanuel. Il est un enfant de Dieu, et elle l’appellera Jésus,
Marie avais décidé de garder sa virginité et maintenant
Dieu même dis qu’elle va avoir un enfant,
cet nouvel la bouleverse.

Dieu bouleverse notre projet de vie vers une nouvelle direction à prendre !

Mais nous avons du mal à accepter le changement….
Acceptons ce bouleversement, car Dieu nous guide vers le bien.
Commençons par pardonner pour l’accepter. »


Je ne savais pas que le nom de l’enfant était Emmanuel,
et je n’imaginais même pas que Marie était aussi bouleversée par Dieu.
Et oui, on a du mal à accepter le changement !

Après avoir écouté cet enseignement
j’ai senti une synchronisation en rapport au bouleversement.

Je m’habituerais à mon nouvel ordinateur, mon fils va mieux aujourd’hui,
La seule contrainte est les travaux … dans ma maison c’est le désordre !
Et oui, je fais du challenge en m’amusant afin de rester positive
en attendant la fin des travaux!

Le mot « Patience » ne s’adresse finalement pas au près du futur qu’on ne voit pas,
il y a toujours un commencement et une fin même dans la continuité.
Alors j’attends la fin en s’amusant dans le présent.

J’ai laissé allumés 7 bougis, ses flammes vont continuer
d'envoyer notre prière vers l’amour et la paix,
je souhaite que vous continuiez à passer un bon moment sacré,
Bonne fête à vous tous.
スポンサーサイト
2010.12.30 18:35 | 愛になる・ゼロになる(Amour& Zero) | トラックバック(-) | コメント(0) |
italie statu










祈りへの参加ありがとうございます。
今でも感想メールを下さる方がいて、うれしいです。
いろんな思いや体験があって、
本当によかったな~と思います。

何か特別なこと・・・が起こることでもなく、

暖かさの中に包まれたり、
やさしい気持ちになれたなら、幸いです。

それこそが美ではないかな~
奇跡ではないかな~と思うのです。

私は、意識的に生きること・・・を大切にしたいです。
瞬間瞬間に自分の内側で感じていることに
耳を傾けること、体で感じることを味わうこと。
頻繁にそんな風に敏感でいられたら、
それこそ奇跡だと思っています。

今年はつらい年でした・・・と、何人かの方がメールを下さいました。
1年の総くくりはそのように見えるのかも
しれませんが、きっとそんな方でも
笑えたときもあるはずだと信じています。

私たちは、あまりにも外を見ることに慣れてしまっていて、
内側で起こっている小さな動きを見過ごしてしまいがちです。
そこに本当の自分がいるのに。
もっと自分に愛されたいと願っている自分がいるのに。

祈りのイベントはきっかけです。
日々どうか、少しでも自分に向かう時間を作ってみてくださいね。
きっと懐かしい感じや安堵感に出会ってもらえると思います。
2010.12.29 10:48 | 心の扉を開く | トラックバック(-) | コメント(0) |
paris 2010





eglise st jacuqes











新しいコンピューターには
まだ、写真の圧縮システムを導入していなくて・・・
後からまた別の写真をアップしますね。



「私が住んでいる埼玉から見えたお月様は
みなさまの光のエネルギーが集まったかのように光輝いていて
それはとてもとても綺麗でした。」

また、フランス人の友人から、
「満月でもあり、皆既月食、
おまけに冬至です。
この日は、シャーマンにとっても特別な日で
特別な瞑想をするそうです。」

・・というメールを早速頂いています。

パリは、朝から雪でした。
ここ最近、雪になる日が
よく続いていて、外出時には
アフタースキーブーツを履いている人をよくみかけます。
なんだか北欧の街にやってきたみたいです。

土曜から降ったりやんだりしていましたが、
今朝は早くから小さな雪の結晶たちが舞い降りてきました。


実は、ハプニングがありました!
18日土曜は、
朝はレイキアトリエ、午後はライトワーカー講座があり、
メールチェックしていなかったので、
夜に、その日に頂いたお名前をリストに書き写すために
コンピューターを立ち上げたのですが、
なんと、ま~こんなときに限って・・・
突然画面がまともに写らなくてしまったのです!
殆ど何も読めない状態・・・。
主人は画面の状態か、グラフィックカードの問題だと言うのですが。
私は、とりあえず明日まで待ってみよう。
ひょっとしたら、うまく立ち上がるかもしれない。
・・と思い、その夜は何も手をつけることはしませんでした。

日曜は、のんびり過ごしました~。
午後はクリスマスの買い物に出かけたりして、
一日のんびりと過ごしました。
そして夕食が終わってから、
主人がチェック・・始めてくれました~。

私は、新しいコンピューターをすでに買っていて、
主人に必要な機能は設定してもらったものの、
メール情報の移動をまだやってなかったのです。
私のコンピューターは古いタイプです。
システムが変わり、メールの返事や
ワードで書いたりするのに、時間がかかると
困るので、愛・ゼロの祈り&瞑想が終わってから
新しいコンピューターくんを使おうかと思っていたのですが・・・。
やっぱり、日曜の夜も、何も読み取れない状態でした。

あ~、どうなるのかな~。。。
そんなことを思いながらも・・・のんびり、
子供たちとDVDを見ながら、主人にすべてを託しました。
夜中の1時・・・必要な情報が新しいコンピューターに
入力されました~。。。ありがた~い。
こういうときも、主人の存在はすごいありがたいです。
こんな器用で、重宝な人はなかなかいいひん!・・と
大感心し、大感謝せんとあかんときがたまにあるのですが、
今回も、さすがです。
殆ど何もわからない画面の状態からみごとに
必要な情報を移動してくれました。
なんとかなるか~・・は、
日ごろから、
なんとかしてくれる・・という信頼からも生まれます。

1時を過ぎましたが、とりあえずそれまでに
頂いたお名前を読み上げてから、寝ました~。

そして当日の朝。
雪です、よ~く降っています。
ハプニングはまだあります。
コンピュータの次は、
夕べから長男が熱をだしていること。
疲れが出たんだと思います、彼にとっては
クリスマス前は解毒の時期です。

それから、金曜に部屋のキッチンの小工事をしてもらったのですが、
その工事が、なんど、ネガティブサプライズ!
配管が古くて、思うように触れない!
ガ~ン・・・壊したものを
元に戻すしかない・・・という、
とんでもない状態になってしまい、
そして、その工事の人が祈りの日の朝からくることになった!

「いったい、いくつのサプライズがおまけやねん・・!」
と、これだけ重なると、もう笑うしかないです。

そんなこんなで
娘に後を託し教会にでかけました。
ハプニング続きや~など思いながら、
まずは、ろうそくを立てて先にお礼をし、
なんとなくニヤニヤして、マリア像の前に座りました。

そして、
10時35分名前を読み始めました。
予定より早く始めることにしました。
前日、最終的に決めたこの教会は、12時45分で
一度閉まり、14時にまた開きます。
結局14時半に再び教会に戻り、
15時45分に終了しました。

一番念頭にあった教会は、月曜が休み。
もう一つ別の教会を考えたのですが、
雪のため、事情がわからなかったのでやめました。
最終的に決めたのは、
私がパリに来て、一番最初に通った教会です。

住んでいる番地のすぐそばの教会。
サン・ジャック・オ・パ
しょっちゅう訪ねる教会なので
ここのマリアさまには、馴染みが深いのです。
特別な教会というより、
日常の流れの延長から・・・というのがいいかなと思ったからです。

サン・ジャック通りといえば、
帆立貝。
フランスで帆立貝のことを、
コキーユ・サンジャックといいます。
フランス国内からの、スペイン、サンチャゴへの巡礼の道のひとつです。
サンジャック=サンチャゴ
帆立貝の殻をリュックにぶら下げて立ち寄る人がいます。
その話の流れからか、パリのレイラインの一つと言われています。

でも、今日は少しいつもと違うものを感じました。
私の方に手を広げて
体を乗り出している小さな子供(イエスさま)が
どうも、違う感じなのです。
「どの子供もこの宇宙の母の手を通してやってきた」
そんな言葉が聞こえてくるようでした。
宇宙から送られてきた子供、私も、あなたも。
愛を感じるために、
体験するために来た・・・私たち。

名前を読み上げていくうちに、
知らない人とは思えない気持ちが湧き上がってくる。
その人の家族もまたその家族も・・・
必要な浄化が起こりますように、
そして、たくさんの感謝の気持ちが
沸いてきますように・・と願いはどんどん広がっていく。

12時05分には、メスが始まった。
司教さんの興味深い話があった。

「マリアは、神の仕いとして生涯を捧げるために
 処女性を守り通すつもりでいた。
 それが、ある日、神のお告げがある。」

「お前は神の子を授かる、その名前はエマニュエル。
 後にイエスと呼ばれるだろう。」

「神に仕えるために、生涯純潔で守り通そうとした
 マリアにとって、そのお告げは
 全く、受け入れがたいお告げだった。」

「神は私たちの人生のプロジェクトにおいて動揺させる。
 しかし、それは私たちが人生の新しい方向性に向かうためである。
 だが、私たちはどれだけそれを受け入れることが苦手だろうか。
 どうか、自分を許しなさい。 
 良い方向へと神が導くその動揺を受け入れるのです。
 PAR DONNER/ (FOR GIVE)
 受け入れるというスペースを与えることから始まります。 」


大きなシンクロを感じます。

おかげさまで
新しいコンピューターにはまだ慣れていませんが、
なんとか、こうして書き込むことができます。
息子は順調に回復しています。
工事は、実は止まってしまっています、
一番いい解決策が生まれるための休憩でしょうか。
はかどりませんし、家の中はごたごた
していますが、それも時間の問題。
その時間をどう楽しめるか、
ポジティブに過ごすことができるのか、
チャレンジしているところです。

「忍耐」とは、先が見えないことに対して・・と
考えるのではなく、物事には始まりと終わりがあるのだから、
終わりが来るのを、今を楽しみながら待つ。
と、いうことなのか~。

7つのろうそくを立てました。
しばらく燃え続けます。
引き続き、神聖な日々をお過ごしください。
素敵なクリスマスとなりますように。

PS みなさんは、どんな風に過ごされたでしょうか?
是非、感想などメールで送ってください、
または下のコメントに書き込んでくださいね。
みんなの貢献となりますように。


2010.12.21 11:43 | 愛になる・ゼロになる(Amour& Zero) | トラックバック(-) | コメント(2) |
st michel 16













Merci beaucoup,
je suis en train de recevoir les- mails pour la prière du 20 Décembre.

Alors, c'est marrant, il y a plusieurs interprétations !
C’est vrai que je n’ai pas bien précisé mais
la réaction par les gens est très intéressante.
Les gens qui pensent à recevoir l'énergie d'apaisement et il se prépare pour ça,
qui pensent à m'accompagner pour la prière
et qui pensent à vraiment prière elle-même au même temps.

Enfin, toute est bien !
Car il n’y a pas de comprendre, ce qui est intéressant est

Ce que vous sentez et ce que vous avez envie de prendre comme une action !

Alors, juste une petite chose qui ma fait pensé,

On rencontre à l'événement dans la vie quotidienne et
qu'on réagit par rapport cela,
Selon ce qu'on a focalisé sur notre " intention"
on expérimente l'événement dans la vie.
Il ne faut pas oublier qu’il y a une direction et l’énergie dans l’intention !
Alors, l’énergie avance d'abord et la cristallisation en réalité par la suite.

Notre réaction dépend à notre choix mais
ce choix arrive souvent automatique à cause de
notre propre croyance habituel = la réaction automatique,
donc on ne pense même pas qu'il y a une autre choix "possibilité" !.

Souvent on est inconscient sur l’intention,
car notre attention est attiré souvent par l’extérieur,
on est tellement occuper de voir ce qui se passe dehors de soi !

et enfin on doit trouver "une excuse " pour vivre, en disant....
exemples;
c'est le monde est injuste je n'ai pas la chance, c'est la faute d'autre.
Ou bien, on se culpabilise…, c'est ma faute.
en résultat, on sera déprimé et entre dans un moment de
sentiment de "la séparation" totale
ce qui est la mauvaise habitude chez être humain.

Ce que je voudrai dire, c'est
" Lâcher prise madame et monsieur quoi !! " oh -!

On va essayer de lâcher surtout ces mauvaises habitudes qui débloquent notre vie.
Les accepter en focalisant et en regardant sur soi
et lâcher prise !

Je souhaite tout d’abord chacun se rendre compte sur les plusieurs qualités qui
cachent en soi, mal et bien par exempple sur la personnalité.

… mais au plus loin, il n’y a peut être pas de mal et de bien
dans espace d’amour et l’harmonie.
C’est juste, on est différent.
On va donner une petite espace d’un hypothèse neutre.
« Peut être... »

Profitez bien la prière et la médiation du 20 Décembre,
Vous ne soyez jamais toute seule.
2010.12.17 12:59 | 愛になる・ゼロになる(Amour& Zero) | トラックバック(-) | コメント(0) |
TFT Fribourg angel











Je voudrai vous donner plus d'information sur la prière et la méditation
" devenir Amour et Zéro "

Le but pour cette réunion est sur la purification et la gratitude.

C’est la fin d'année,
Je voudrai bien vous proposer de profiter ce moment pour débloquer,
éliminer et laisser partir notre pensé, émotion, parole et action négative
qui ont blessés vous-même et aux autres pendant durée cette année au moins.
Voila, le moment d'accélérer notre lâcher prise.

Et aussi pour qu'on soit plus dans la gratitude,
car cette sensation et attitude va nous permet
d'ouvrir la porte vers l'amour et l'harmonie.
Voila, si vous souhaitez,
profitez de prendre le temps au même temps de prière pour accueillir
nouvelle année qui est tout blanc encore avec les espérances.

Au lieu de juste à penser,
Prendre une action sera plus enrichissant.

Si vous pratiquez une purification quotidiennement,
ou si vous ne pratique pas habituellement,
de toute façon, ça peut être une belle opportunité pour nous de se purifier.
Et ce ne sera pas mal si on s’habitue de faire une prière par jour
pour trouver notre calme et prière la joie pour les autres,
on va voir ce qui va se passer en soi.

Merci pour votre compréhension,

Ps ; l'année dernière, je suis passé 4 heures dans une église pour cette prière,
j'ai récité le nom pour tous.
Cette année je ne sais pas encore la quelle église que je vais aller
..... à voir.



2010.12.16 12:58 | 愛になる・ゼロになる(Amour& Zero) | トラックバック(-) | コメント(0) |
ma donna










愛になる・ゼロになる その目的は、浄化と感謝です。

自分のネガティブな思い、感情、言葉、態度を洗い流してもらいたいのです。
人を傷つけた、自分を傷つけた、そんな染みを
洗い流してもらいたいのです。
それが自分だと信じてきた、古い生き方を手放して
新しい真っ白な1年に、
気持ちのいい自分でスタートしてもらいたい・・
そんな気持ちでいっぱいです。
だから、なるべく書き続けています。
私は、うるさいおばはん・・ですから(笑)


みなさんなりの祈りの仕方で、
どうか、真剣に祈ってください。

ただエネルギーに浸りたい・・・それが必要な方もおられるでしょう。
それでもOKです。

今日はメールの中に、
祈りが苦手で、
でも人のために祈れるようになりたい・・そんな人になりたいと思います。
・・・というお話を頂きました。

素直そのものです。
そして、そのまま、祈ってください。

思うというだけですごいことです。
大進歩です。

でも、行動に出していただくと、
エネルギーが動き出して、方向先が付きます。
そんな人になるのです。

そして、自分が軽くなり、開かれていく感じが始まります。
思うだけでは足りません。

行動が大事です。
シェアが大事です。
コミュニケーションが大事です。

自分に今できることから初めてください。
祈りは、簡単にすぐできます。
自分のために、人のためにできる最初の一歩です。

去年この祈りを呼びかけたときに、
自分が今できることは何・・と思ったのがきっかけでした。
そして呼びかけてみたら、
自分も一緒に祈りたいと言ってくれる人が出てきたのです。

でもね、
愛なんですよ~
地球を癒すんです~
・・こんな美しい言葉を使いながらも
日常の生活が苛立ちや怒りに飲み込まれているなら
立ち止まって、自分を見つめるきっかけにもしてください。
なんかズレていますから。

祈りや瞑想は、きっかけづくりです。
現実レベルでの修正は自分でしかできません。

20日、一人で実践するではないです、
大勢の人が同じときに祈っています、
そう思って、いつもよりほんの少しだけ集中してみて
体験してください。
2010.12.15 15:36 | 愛になる・ゼロになる(Amour& Zero) | トラックバック(-) | コメント(0) |
fleur dans leau










Je ne possède rien.

Le jeudi matin, dès que je me suis réveillé, cette petite phrase qui est apparue dans ma tête.
C’était le lendemain de l’atelier du jeu de la transformation que j’ai guidé.

Je ne possède rien.

Mon corps, ma famille, les objets, même toutes mes émotions … Je ne possède rien.

Je me sens légère, comme si cette phrase a commencé à travailler afin d’intégrer ma vie quotidienne.

Lorsque j’ai accouché de mon fils il y a 16 ans environ,
La veille de sortir de l’hôpital, le docteur m’a annoncé qu’il avait la jaunisse et
il faudrait rester un jour de plus pour faire un traitement de rester
sous la lumière ultra violette pendant une nuit.

Je savais à peine parler en français et
n’avait pas compris ce que le docteur m’annonçait…
Heureusement, il y avait ma copine adorée, une africaine,
qui m’a traduit en Anglais. Alors j’ai du rester un jour de plus dans l’hôpital
et j’ai accompagné mon fils dans la même pièce pour donner le sein dans la nuit.
Mon fils dormait dans l’espace en verre sous la lumière violette.
Quand à moi, je suis restée à côté de lui et l’ai regardé toute la nuit.

« Il est déjà indépendant, je ne peux rien faire pour lui, si petit,
il assume son rôle tout seul, Ce n’est plus une petite part de moi….. »

Ça m’a rappelé à ce moment ce que j’avais senti à travers l’événement avec mon fils,
« Je ne possède rien »

En tout cas, Je me sens du plus en plus légère ce matin.

Je souhaite m’ouvrir encore plus, comme le grand ciel.




Un événement après sur Mont St. Michel et devenir Amour et être Zéro l’an 2009,
Encore une fois pour 2010.


= devenir Amour et être Zéro = pour se purifier


Nous allons vers l’amour qui est notre source.
Lorsque la vibration d’amour augmente sur cette planète,
Il y aura plus d’énergie de l’apaisement et la douceur arrivera.
Et lorsque plusieurs piliers de lumière se construisent partout et atteignent le ciel,
Le lien entre vous et la source devient plus solide et élargie.
Purifions, remercions pour l’an 2010, recevons l’abondance et la transformation vers 2011.



Date : 20 Décembre 2010 à la veille de pleine lune.

Horaire : 11h – 14 h

Frais de participation : Gratuit

Vous pouvez prier et méditer en même temps, à la même heure.
Si vous n’avez pas le temps, recevez au moment que vous soyez tranquilles.

Cette année, je vais réciter le nom des participants la veille pour me préparer.
Et le 20 Décembre, je vais réciter encore tout les noms.
Pour aider à faire le lien vers l’amour, qui est notre source.

A partir du 20 Décembre jusqu’à la fin d’année, l’énergie augmentera.
Pendant ces 10 jours, profitez bien de recevoir l’énergie.

Si vous souhaitez participer à événement,
Contactez-moi au masami@wakiai.com


Comment vous recevez l’énergie

1 Relaxez
2 Appelez mon nom pour nous lier
3 Comme si vous ouvrez le cœur par la grande respiration et calmez l’esprit.
4 Respirez naturellement.


Pour vous-même et vous pouvez aussi proposer aux chers d’élever ensemble.
On ne sait jamais qu’il y aura peut être un petit déclic pour la personne qui n’a doute envers l’amour.

Je souhaite que nous allons Unir – être Un - et expérimenter la rencontre de l’âme.

Avec affection et gratitude.

2010.12.14 17:20 | 愛になる・ゼロになる(Amour& Zero) | トラックバック(-) | コメント(0) |
god and sky












こんなに美しい星なのに・・

この地球では、

分離しないと、生きていけません。

愛や調和など言うと、浮いてしまいます。

だから、分離の上着を着ています。

競争し、他人より成功すること、

認めてもらうこと、

また、精進し、努力すること、

それがこの地球での生き方なんだと信じてきた。

それが自分を、人生を生きにくくしていることを

全く気づくことなく、

しかも心は枯れていく。

また、気づいていながらも、止まらず。

他人を見て、

自分を見ることなく

今日もがんばっている。

でも、どれだけがんばっても、

足りない気がして、自信につながらない。

他人のせいに、

外の世界のせいにするたびに、

自分から離れ、

自分は何をやっているのだろうか・・と

自分を責める。

責めることでついにはやる気がなくなり、

途方にくれたり、

怒り狂ったりもする。


どうか、

そんな風に自分を傷つけ、家族に不安な思いをさせるのは

やめてほしいのです。

どうか、そのエネルギーのベクトルを

もっと、もっと自分のために使って欲しいのです。

ひょっとしたら、

居心地悪い自分は変わることが

できるのかもしれない、

ひょっとしたら、

愛と調和の源から来たのかもしれないと、

仮説を立てて欲しいのです。

自分にスペースをあげてください。

他人を見て、自分を叩くのではなく、

自分を労わり、愛するスペースを開けて欲しいのです。

どうか、戦いの武器を置き、

今すぐ、休息をとって欲しいのです。


私達は、戦わなくても、

元々、愛と調和の質を持ってここにいる

すでに成功者なのです。

愛をシェアすると

自分の周囲に愛が広がり

調和がもたらされるのです。

沢山傷ついてきたから、

泣いてきたから、

自分の深いところに

また、人生にも、愛のかけらが

あちこちにあることに気が付くときです。

愛はピンク色でハートの形をしているわけではないです。

そして、

あなたが立っている

その人生という舞台で

その他A・・という自分を表現しきるとき

自分の人生の主役になるのです。

自分と宇宙と他人が一つになり

調和のエネルギーを放ちます。

人の心が動き、調和のエネルギーが浸透し

愛が生まれるのです。
2010.12.13 11:00 | | トラックバック(-) | コメント(2) |
Fribourg angel









愛・ゼロの祈りのときの満月は、皆既月食になるとか。
なんだか、どきどきします。

私達は光という宇宙のかけら。
地球では愛にかえて生きていく。

地上の愛が高まるとどんどん光が大きくなります。
光を通して、源へと繋がりましょう。






昨日は、フランス人との天使ワークをやりました。

今年の夏、日本でやったワークの中の一つですが、
4つの石も使って、大天使のクオリティーと統合していきます。

フランスで天使ワークというと、
実は、容易ではないのです。
日本ではアメリカからの天使ワークが沢山入ってきていて、
そんな風に感じない方が多いと思います。
フランスは、先進国の中でもイタリアと同じくらい
キリスト教が非常に深く根付いていて、
特にカトリック系ですが、
天使というと=宗教になるから一般的に理解が違うのです。

エネルギーワークをやっている人の間では結構難しいテーマです。
天使ワークときいて、疑いや少し懐疑的になる人が多い中、
その中でも、なんとなく惹かれる・・という人が集まってくれました。

ワークは、大天使とは一体どういう存在なのかという話から始まりました。
数年前までは、私も、天使のワークには
あまり気が乗らなかったものの、体験を得て、
考えは変わっていきました。

特に天使との個人ワークをさせて頂いて、
天使に包まれる・・などの体験ではなく、
とても強い浄化が始まる方が、何人もおられたからです。

グループワークを初めてからも、個人が受け取るメッセージが
単刀直入であったり、変化が急激であったりしました。

天使とは、
天の使いであること、
教会に描かれた絵のような、
羽を持った人のような形をしているのではなく、
質そのものだということ。
大天使は、あらゆる天使のクオリティーをまとめてくれていて、
代表のエネルギーなのだということ。

何も、天使に頼みごとをして
願いを叶えてもらう・・という意味合いだけではないことを
理解してもらう必要があります。
宗教的には、マリア様の存在や天使には
守ってもらう、お願いする・・理解に近いのだと思います。

人としてお願いしたくなる気持ちがあります。
それが悪いことでもありません。
どんどんお願いしたらいいのだと思います。
感謝して、手伝ってもらったらいいです。
感謝の気持ちを表現させてくれる・・存在なのですから。
その力を借りたらいいです。

それにプラスして、
どんなエネルギーワークも、理屈じゃないです。
肉体の内側、外側のエネルギー体が
変わってしまうのですから。
それに、エネルギーだけに触れることだけでもないのです。
最終的には
自分をより知ることになり、より自分を開かせてくれ、
理解を深め、成長させてくれます。

そのように話し始めると
みんなの目がキラキラして、
お~、そうか~、そうだな~と声がでました。
「安心した」との声もでるくらいです。
フランスでは、武道や指圧を除いては、
エネルギーワークは
まだまだタブーの領域なのです。


今回のワークでも、また勉強になりました。
日本人には、言葉で伝えなくてもいいことでも、
フランス語という性質上、言葉を明確にすることが必要に
なってくるので、自分の理解が深まります。

なぜ、私はここにいて、
こんなことをしているのか・・
宇宙は粋な計らいをしてくれたなあ~と感心して
大感謝です。
2010.12.12 22:34 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |
montagne1









   


「所有するものは何もない・・」

一昨日はトランスフォーメーションゲームのアトリエで
プチゲームを誘導したのですが、
この言葉が、昨日の朝から離れません。
起きた瞬間に

「所有するものは何もない」

体も、物も、いかなる感情も、所有していない・・

さっそく日常の生活の中で、その言葉との統合が始まった気がします。
なんだか、とても軽いのです。

長男を出産したときに、
退院直前に、黄疸がでました。
フランス語もよくわからない当時の私は、
アフリカ人の友達が英語通訳してくれて助かりました。
その日一晩中、息子は紫外線の下で眠っていました。

「この子は、私の分身でもない、小さいけど独立した人なんや~」

「所有するものはない」
この言葉は、生後5日目に息子を通して感じたことを思い出させてくれました。

どんどん軽くなって、楽になっていくような気がしています。

そして、果てしなく広がる空のように、大らかでいたいな~。







   
   = 愛になる・ゼロになる =

   私達の源である愛に向かいます。
   地上での愛の波動が高まると、     
   より多くの癒しと愛を地上にもたらします。
   そして、天まで届く光の柱があちこちから
   放たれ、みなさんとの繋がりが増幅します。
   2010年の浄化と感謝、そして2011年に向けて
   更なる変容と豊かさを受け取りましょう。

日程 12月20日月曜 満月の前日    
   
時間 祈りの時間はフランス時間 20日11時~14時 (日本時間19時~22時)

参加費必要ないです。

同じ時間帯に一緒に愛に向かう祈りをすることも可能です。
また時間がなくて、後から受け取ることもできます。

今年は祈りの前日に頂いた方の
名前を読み上げて準備をします。
そしてまた当日、昨年のように頂いたお名前を読み上げます。
それぞれの方が、愛へ、源へ繋がるのをお手伝いしたいと思います。

20日から年末にかけて、
エネルギーがどんどん高まっていくと思います。
約10日間ですが、じっくりエネルギーを満喫してください。

愛になるゼロになるエネルギーの渦に参加したい方は
masami@wakiai.com までメールください。

お名前には、ひらがなをつけて下さると助かります。


受け取る方法は、

1、 リラックスしてください。
2、 繋がるために、私の名前を呼んでください。
3、 ハートを開くつもりで、ゆっくり呼吸して静かになってください。
4、 自然呼吸でただ受け取ってください。


一緒に成長したい方へも声をかけてあげてください。
ワンネス・・魂の再会を楽しみにしています。
沢山の愛と感謝をこめて




2010.12.10 10:58 | 愛になる・ゼロになる(Amour& Zero) | トラックバック(-) | コメント(2) |
neige 3











Après avoir guidé un atelier de « jeu de la transformation » hier soir,

C’est comme si, je suis nouveau né ce matin,

Je me suis dis … « Oui, je ne possède rien ».

Je respire et j’ai envie de m’ouvrir du plus en plus pour me donner maximum possible.

Je me sens dans la joie sereine, je remercie au ciel et à la vie.

Gassho







2010.12.09 13:24 | ouvre mon coeur | トラックバック(-) | コメント(0) |
plein lune 31 Dec 09











雪で~す。
パリの街は真っ白、今年はよく降ります。

あ~1年があっという間です。
奇跡の教会にパリに来ていた妹と訪ね日です、
昨日のことのように覚えています。
今年もあの教会の外では、
この雪の降る中、司教さまのお話しを
聞きにきた人が、長い行列を作っているのではないかな~など
思います。

そうです、後に聖母の象徴となった
マリアさまがガブリエルから受胎のお告げを授かる日です。
そして、ユダヤ教では、
光の日 HANUKA  です。
宗教を越え、この聖なる日を祝いましょう。
この日から、地球には
沢山の光が降りてくるはずです。
みなさんも恩恵を受けられるのはないかと思います。
私は、今朝から
頭頂の部分がムズムズ・・・
上から押さえられるような
何かが入ってくるような、
なんだか不思議な感覚を楽しんでいます。


そして、2010年を清め、新しい年、エネルギーを
迎えるために、昨年に引き続き
愛になるゼロになる・・・瞑想の場を設けたいと思います。
昨年も、沢山の方が一緒に祈ってくださいました。
今年も呼びかけたいと思います。
みなさんの参加が地上により大きな光をもたらします。
浄化し、癒され、手放すことで、
より楽しい人生を切り開いていきましょう。
詳しいことは、
後ほどこのブログで紹介しますので
楽しみにしていてください。
2010.12.08 14:28 | 高次元との繋がり | トラックバック(-) | コメント(0) |
Fribourg nature











人生の不思議・・・を感じていますか?


Do you feel the wonder of life ?

2010.12.06 15:47 | 心の扉を開く | トラックバック(-) | コメント(0) |
fleurM










C’est une conversation de fin de séance individuelle.
Le receveur me dit « je m’inquiète »… il est habitué à sentir ce genre de sensation.

Je peux dire qu’il y a un visiteur appelé « inquiétude » qui est arrivé chez lui.
Il ouvre la porte sans hésitation et il l’accueille.
Lorsqu’il aperçoit ce visiteur rentré, c’est trop tard…
il est déjà bien installé partout dans son corps et dans son cœur.
Le résultat, c’est qu’il souffre énormément.

Lorsqu’on sent une inquiétude, c’est souvent par rapport au futur inconnu.
On pense immédiatement ou inconsciemment au futur inconnu.
Et oui on s’inquiète pour ce qui n’est pas encore arrivé.

Imaginons dans la vie quotidienne,
Si vous entendez la sonnerie, s’il y a un inconnu devant la porte de votre maison,
Auriez-vous ouvert la porte ? L’auriez-vous accueilli sans vérifier qui il est?
C’est difficile à imaginer dans notre vie quotidienne.

Mais pourquoi laisse-t’on rentrer l’inquiétude ?
Peut être qu’il y a une sensation de « on se connaît » ?
Peut être qu’elle donne une sorte d’assurance ?
-Oui, oui, je la connais depuis un moment
Comme d’habitude, je la laisse entrer parce qu’elle me ressemble.

Donc, c’est ok, je la laisse entrer (L’acceptation de ses actes est très important !)
et c’est là qu’on se dit,

«oh~ là la~ … je l’ai encore laissé rentrer (~_~) »
Prenez une pose thé et respirez profondément pendant quelques moments
en attendant qu’elle disparaisse.
Attention ! Ne soyez pas trop déprimé à ce moment, essayez juste de rire !

Et après cette pose, récupérez un peu de force pour reprendre conscience en vous disant
« La prochaine fois, je ferai attention ! » avec le KIAI !! « Ooh -- !!!»

Lorsque l’inquiétude arrive de nouveau, ouvrir ou non la porte, désormais
C’est Votre Choix !!
Génial !! Car vous avez le droit de choisir maintenant !!

Mais, il ne faut pas oublier qu’il y a d’autres visiteurs qui existent !
Vous connaissez surement « espérance ».
Vous ne la connaissez pas bien ???
Mais voyons, tout d’abord,
Entre l’inquiétude et l’espérance,
laquelle donne la sensation d’apaisement et de légèreté ?
Peut être l’espérance, non ?
Si vous dites que c’est l’inquiétude,
Et bien ça alors, non seulement vous l’aimez,
mais en plus vous ne voulez pas vraiment la lâcher !
Voila, c’est donc comme ça qu’elle reste comme une vieille amie.

Si on réfléchit bien, les deux sont des visiteurs du futur
et également des illusions. Et oui, ils n’existent pas encore !

En tout cas, on va prendre celui qui est le plus bénéfique pour soi !
Il ne faut pas hésiter à prendre celui-ci en priorité,
si vous avez envie de vivre pleinement dans l’enthousiasme.

O~K~, accueillez l’espérance dans votre maison,
laissez la s’installer dans votre corps et laissez la vivre dans votre cœur.
2010.12.03 16:46 | ouvre mon coeur | トラックバック(-) | コメント(0) |

italie











あるクライアントさんとの会話です。
不安です・・と、おっしゃいます。

彼女のところに不安と言う名の訪問者がきています。
彼女はドアをおもいっきり開けて、つい迎えてしまいます。
気が付いたときには、しっかり居ついたりして。
ついには、心も体も不安だらけ・・になったりして結構苦しみます。

不安を感じるときは、
見知らぬ先のことに対して・・というのが一般的です。

先のことを考えて不安になります。
実はまだ起こってもいないことに対して不安になります。

日常生活を、イメージしてみましょう。
ドアのベルが鳴ったときに、
知らない人だったら、すぐに家に入れますか?
ありえませんよね~(笑)

それなら、不安・・なんで家に入れてしまうのでしょう。
なんだか馴染みがある感じなんですね。
「知ってる感じ」がして
変に安堵感があるのかも・・
なんとなく、自分らしいな~などと感じることもあったり。
つい入れてしまいます。

そのときは、
「また入れてしもた~」と、お茶でも入れて
深呼吸します。
そして、いっぷくして早く消えてもらうのを待ってみます。
ここで、あんまりシリアスにならないことがコツ。(笑)

それから、次からちょっと気をつけてみようと
気合を入れます!
次に不安がやってきたら、ドアを開けるかどうかは
あなた次第です。
他に尋ねてくる訪問者もいることを忘れないでおきましょう。
例えば、希望だったりします。
あまり馴染みがなさそう???
それなら、どっちが、気もちよさそうかなぁ~など
イメージしてみたら・・・
どっちかというと、
希望が気持ち良さそうだったりします。

どちらも、均等にまだ先のことで・・
実は、幻想だったりしますが、
でも、気持ち良さそうな幻想の方が得なので、
そちらを優先してくださいね。
気持ちいいのがいいわ~、
ど~ぞ迷わないでね~。

は~い、希望を家に入れてあげてください。
あなたという家に入れてあげて、
ゆっくりしてもらって下さ~い。
2010.12.02 11:06 | 心の扉を開く | トラックバック(-) | コメント(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。