FC2ブログ

Light Worker "love and laugh"

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
lune coeur










随分前に撮った月の写真なのですが、
多分手がぶれたんでしょうね、
ハートになってますが、
仕掛けもしていないのに、
どうして色がブルーなのか・・わかりません。



マヤ暦では27日に新年を迎えたばかりですが、
今日は新月でもあって、
なんだか特別な日を迎えたような気分です。

ふとしたときに、3月11日のことを考えるのですが、
ここに生かされているということから、
自分に何ができるのか、
意識させられる日々が続きます。

ここに生きている。
私しかできないことがある。
母として、主人のパートナーとして、一人の人間として、
他の誰でもなく、私ができること。
それをただやる。
夢中になってやること。


そんなこと考えながら、ふと思い出した、
うちの近所のチベットレストランのオーナーは
チベットから移住してきた人なのですが、
私を見つけると、
ニコニコしながら、近づいてきて、
自分の生活についていろいろ話してくれるのです。
会うたびに、ニコニコしながら、どんどん話してくれるので
随分詳しく彼の私生活を知るようになりました(笑)
ご近所付き合いって感じです。

最近偶然会って、また彼の人生相談することになったので、
「仏陀に祈ってみたら?」と笑いながら言うと、
いつものニコニコ顔で、
「いやいや~、自分がここにいる・・・」と言って
ハニカムように下目になって言うのです。

言葉はすごく短かったのですが、
なんと、シンプルで深い人だな~と感じました。
自分に言い訳せず、
高次の存在に頼ることなく、
今この人生、生かされていることを受け入れる
・・・そんなことを言いたいのでは・・と、感じました。

私も言葉で理解するというより、
彼のその態度を見るだけで、すごくありがたい気分になりました。

彼は、複雑な自分の人生を話してくれるとき、
決して深刻風でなく、
いつもニコニコして話します。
まるで、もう済んだことのように、
落ち着いて楽しそうに話すんです。

そんな彼は、家族をチベットに残しています。
もう10年前になるでしょうか、
お母さんとはなかなか会えないと教えてくれたときも、
時々目が真剣になるのですが、
決してそれ以上に深刻な顔はせずに、
ニコニコ話していました。
ニコニコの彼も、いろんなことがあったと思います、
みんな、生きているといろんなことがありますね。
その・・「生きて、生かされている」
ことを大事にしていきたいと思うのです。

震災で全てを亡くした方への祈りと
生きてくれている方が、
1日でも長く笑顔でいて下さいますように・・・
新月の今日、黙想して1日を迎えました。


スポンサーサイト
2011.07.30 22:15 | 思い | トラックバック(-) | コメント(0) |
heart of miracle


heart of miracle


heart of miracle






10月15日にとっても素敵な、濃~~い映画の企画があります。
タイトルは「1/4の奇跡~本当のことだから~」

日本では自主映画として1000回以上も上映され、
85000人が感動しました。
英語など外国語にもなっていてどんどん世界に広がっています!
今回は初めて、フランスで上映させることになりました。
フランス語字幕が出ますので、
カップルで、ご家族で観に来てください。


特別支援学校(旧養護学校)の先生で本も沢山書いておられ、
日本全国で講演会をされている
山元加津子さんと子供達の心温まる、
そして感動のお話です。

どの場面を観ても、
子供達の言葉、加津子さんの言葉が心に響き、
とても深い映画で感動しました。


「さびしいときは心のかぜです」

~加津子さんの生徒さん、大ちゃんの詩より~


病気の体を受け入れて、
とても生き生きとしている。
心とはなんなのか・・
命の大切さをさりげなく教えてくれる子供達。

そして、助けてもらっているのは自分だと
とても謙虚で、それでいて
愛するものも守ろうとする強さを感じさせてくれる
素敵な山元加津子さん。


「あなたのままでいい、みんな違っていい」

沢山の「本当のこと」を子供達の表情、言葉、
加津子さんのお話から感じてもらえると思います。

映画を観終えたときは、
沢山のギフトを受けとって、
内側で何かが動き出すはずです。
人生が変わるきっかけを与えてくれる一つの映画に
なるでは~と思います。

フランス自主映画企画を立ち上げた
主要スタッフは、ただ映画を紹介したいという気持ちだけでなく、
映画と皆さんの素敵な関係ができるように、
とても丁寧に大切にオーガナイズしていますので
当日は、気持ちのいい空間を体験して頂けるのではないかなあと
思っています。

イベントは映画を観て頂くだけではなくて、
数々のサプライズもあり、
工夫していま~す。
おまけに、映画の後は監督のお話や質疑応答の時間、
または懇親会などもあって、
ゆったり過ごして頂けるようにもアレンジしています。
観に来て下さった方々同士が、
お互いに感じたことをその場でシェアしあうこともできますね。

どうか一人でも多くの方に観て頂きたいと思っています。
お会いできるのを楽しみにしています。

詳細・予約は以下のブログからアクセスできますので、
お早めにご予約ください。

http://lemiracleduquart.blogspot.com/


そんな感じで、私はスタッフとしてちょっとだけ
お手伝いさせてもらっています。

先日、スタッフ上映会をしてもらい、
子供達の反応も知りたかったので、
うちの子供たちも参加してもらいました。
16歳と12歳の日仏ハーフですが、
言語のことも含めて、
どんな反応があるのか・・と、楽しみにしていたのです。


息子は、「いい映画だね、内容がすごく濃い。
     子供達とペルーの話のつながりが面白い。
     宇宙の不思議・・を感じる映画」
娘は、 「映画の最後に出てくる雪絵ちゃんの話がよかったぁ」
・・など、感想を話してくれました。


そして、面白いシンクロがありました~。
スタッフ上映が終わってから、
私は子供達と「ハリーポッター」を観にいくためにバスに乗ると、
特別支援学校の生徒さんが沢山乗っていたのです!
子供達と思わず目が合い、3人とも笑顔になりました
ギフト頂きました。


2011.07.23 23:01 | 愛になる・ゼロになる(Amour& Zero) | トラックバック(-) | コメント(0) |
findhorn











と、そんなわけで子供達との会話が
益々楽しい毎日となってきました。
マンガってあなどれません。
息子はマンガのおかげで、
ボキャブラリーがすごく増えたのです。
使うタイミングもちゃんとわかっているし、
漢字も一緒に覚えたりしている。
感心します。
好きなことだからドンドン頭に入るわけですね。


その息子が夏休みにフィンドホーンのYOUTH体験週に
参加することになりました。
息子に
「今の歳でフィンドホーンに行くといいなあ、
 いろんなこと吸収できそう~。
 1ヶ月ほどいろんな国の人とワークショップやコミュニティの仕事を
 手伝いながら、生きた英語を体験できるってど~ぉ~?」

など、誘ってみたら、
「1ヶ月は長いな~・・」というので、
「じゃあ、2週間はどう?」 と聞くと、
「それなら行く」と気持ちよく返事。

その調子で、
いい機会なので、
主人にも「行ってみる?」と聞くと、
「行ってみようかな~」というので、そのまま即決定。

息子の体験週が終わるころ
主人は現地に到着、体験週を通して1週間の
フィンドホーン滞在を味わうことにしました。
私と娘も二人のFH体験が終わったら、
現地で合流するつもりでしたが、
ひょっとしたら今しかできない男二人旅・・も悪くないか~って感じで
今回は、男二人きりでスコットランドの北を訪ねることになりました。

2006年~2008年、フィンドホーン・ファシリテーターの
美枝ちゃん&マーチンご夫妻をパリに招待したときに
家族に紹介していましたので
二人ともフィンドホーンには興味を持っていました。
主人は、私がいつもすごくうれしそうに話すし、
いろんな体験をしていて、面白そうなので、
自分も体験してみたい・・と思ったらしいです。

そういえば、彼が霊気を習うと言ったときも、
私の体験をそばで観ていて、
面白かったので、自分もやってみたらどうなるか・・と
思った・・と話していたのを覚えています。

私は基本的には押し付けはしません。
ただ、私自身がめちゃ楽しんでいる・・だけ(笑)
そうしたら、勝手にその気になってくれる感じのところがあるので
すごく楽チンで、うれしいです。

理数系で実業家の主人ですが、
もうズッポリ、「不確かな」世界に影響されています(笑)
彼なりの道を歩きながら
私とは違った観点から体験していきますから、
アイデア交換できて、お互いのために貢献になるんですぅ~。

家族でご飯を食べながら話すことは
スピリチュアルだとか、
エネルギーだとか、自分を見つめること・・なども
ちゃ~んと、入り混じっています。
子供達も、目に見えない心の動きなどのことや
不思議な話をするのは大好きで、
話し込むことはしょっちゅう。

スピリチュアルなことを話すというのは、
結構今日あった友達との出来事、
主人の仕事のことの中にあるんですよ~。

そんな日常の出来事とスピリチュアルという言葉に含まれる
世界には、な~んにも違いも差もなく、
特別なことでもなく・・なのだと思います。
日常の生活の中にエッセンスが沢山あります~。

そんな延長で、フィンドホーン体験するのかな~と
ワクワク想像しています。
特に二人はフィンドホーン関係の本などは読んでなくていい感じ、
個人の体験からいろいろ感じてもらいたいなあと思います。

って感じで、男二人旅・・
今からどんな感想が聞けるのかすごく楽しみなのです。


・・・と、彼らの旅が決定したころ、
私の前世の母、京都のY&Yヒーリングセンターのゆう子さんから
メールが届きました。
なんと、彼女の長男さんが
夏休みにフィンドホーンに行くので
相談したい・・というメールでした。

まあ~すごく面白いシンクロです!
二人の年齢は少し離れています。
それに、同じワークには参加しないのですが、
同時期に二人がフィンドホーンに向かうなんて、
ちょっと感激しました。

16歳初めての外国一人旅、
もうすぐ出発で~す。

2011.07.19 23:08 | famille | トラックバック(-) | コメント(1) |
warai bouddha









実は、恥ずかしながら・・・
今日は記念すべき1日なのですぅ。
わたくし、46歳の誕生日を迎えました~。

今朝のパリは雨。
・・と書いているうちに、太陽が~。
雨はなんだか、動きがのんびりムードになり
落ち着く感じです。

今日は、娘とケーキつくりをして、
家族でお祝いしま~す。
子供の誕生日だけでなくて、
大人の誕生日にも友達が集まって
お祝いする習慣があるフランスですが、
いくつになっても結構うれしいもんだなあ~と思います。

学校が夏休みに入ってから、娘と一緒に
料理やクッキーを作ったりして楽しんでいます。
いつもは日本に行く娘も、
今年は一味違う夏をすごしています。
姪っ子が来年受験なので、
今年の夏は日本に行くのを我慢して、
来年姪っ子が希望校に合格し、フランスに遊びに
きてくれるのを楽しみにしているのです。

12歳になった娘をみていると、
赤ちゃんのときの面影と、
私よりしっかりしている部分が交じり合っていて
面白いです。

最近は、よく「突っ込まれ」ます。
笑いの突っ込みなんですが、
さすが関西人の血が流れているというのでしょうか、
見事、DNAに記憶されてる感じです(笑)
突っ込みのタイミングが絶妙で、
私は、涙の大笑いすることがあります。

と言っても、お恥ずかしい話、
私も天然かかってるかも・・という噂もありますが。
先日の話、
私「携帯電話の調子がおかしいから買い換えようかなあ、IPODに・・」
娘「ママIPHONEやで、IPODやったら電話できひんで」

コンピューターの前にいたときに、
娘「ママのコンピューターってカメラついてへんやんなあ?」
私「ついてるんやけど、落ちつかへんから消してるねん」と言いながら画面の上を
手探りしている私に・・
娘「・・・・」なぜか、ニヤニヤしている。
私「あれ、どこやったけカメラ・・」コンピューターの右左なども見回しながら・・
 「あれ、おかしいなあ~、どこやったけカメラ・・」
娘「付いてへんねん ママ」

・・・子供の成長は早いもんです。
というか、毎日思います。
魂が純粋で、観念が出来上がってないので、
太刀打ちできましぇ~ん。
わたし、もうすぐ化石扱いされそうです・・・(笑)

あ~頼りになる娘を持って、めちゃ楽チンな私。
関西弁をしゃべって、
涙大笑いさせてくれる子供達を持ってめちゃハッピーです。

46歳、ほんまに・・流れに逆らうことはやめて(笑)
益々のんびり楽しく生きていこうと思いま~す。
2011.07.12 11:05 | famille | トラックバック(-) | コメント(2) |
IBIZA6












今日は七夕さま、どんな願い事をしましたか?
みんなの願い事が叶いますように。


今週は月曜からクリアリング講座の連続でした。
クリアリング・・それは、霊気レベル3と4のことです。

覚醒と愛を感じるワークとなったこのステップは、
個人を大切にしながら、内面の気づきと
エネルギークリアリングを促していきます。
どんどんエネルギーフィールドが軽くなっていきます。


大きな光がいっぱいのワークになりました。
「こんなワークをみんなが受けたらいいですね。」
すごく、うれしい声を聞きました。
そんな風に感じてもらえて感謝いっぱいです。

ワークそのものは、
個人のテーマに沿って
毎回少しづつ違った内容のものになっていきます。

中でも誘導瞑想による数々の解放のワークは、
相手のエネルギーとの共同作業で
インスピレーションを受け取りながら誘導するので
同じことを繰り返しできないのです。



霊気とは、宇宙エネルギー、
そして私達そのものが宇宙エネルギーです。
もっともっと・・・
より内側の光の輝きを蘇らせるために、
自分のエネルギーフィールドを浄化し手放し・・愛を増幅させることを応援します。
そして日常の生活に統合していきます。

光や愛を垣間見ても
うっかりしていると、ネガティブな状況に戻るのはあっという間です(笑)
少しでも長く光輝いていられるように、
愛そのものでいられるように、
光と愛を垣間見ることを体験し、
それを日常の生活に根ざすことが大事。
そのためには、
もう・・・内観しながら意識していくしかないです。

霊気ワークは究極の瞑想法です。
手当てから始まり、少しづつ癒され、幸せ感を体験しながら
呼吸法、瞑想も交えて宇宙と関わっていくことで
それが、実は全て日常生活に深く関係しているということを
具体的なやり方を通して再確認してもらいます。


ヒーリング、解放そして変容へ
エネルギー療法であり、スピリチュアルな道。
意識を高め、本来あるべき自分の姿に戻るのです。
個人ワークとグループワークを通して
日常生活の中で喜びを感じてもらえるように、
より多くの人へ
もっともっとサポートしたいなあと思います。
2011.07.07 22:37 | Reiki | トラックバック(-) | コメント(4) |
fleur












7月に入り、本格的に夏休みに入りました。

今日は、午後中 息子のアメフトクラブのお祭りがあり家族揃って
参加してきました。
のんびり幸せなひと時を過ごしました。
主人に、息子のスポーツ観戦することは
私の夢の一つだったことを話してみました。
主人がいつごろの夢なのか聞くので
私達が出会うもっと前のこと・・だと話すと
彼は、「だんだん夢が叶っているんだね」と言いました。
本当にそうなんだと思います。
一つ一つ想いは実現しているのですね。


ところで、とても興味深いことがありました。
先週、霊気講座初伝を開きました。
初伝といっても、初心者のための講座でありながら、
初心者だけのための講座ではありません。
最近は、再受講に興味を持って参加される方も
おられて講座内容はどんどん深くなっていきます。
エッセンシャルになる部分を私の体験をシェアしながら
広い範囲でお話します。
すでに実践体験がある方が再受講されるので
講座の内容もどんどん前に進み、
自分でも、すごく楽しみながらやっています。


この日は、まだ小学校のお子さんをお持ちのお母さんが
初伝を受けられるので講座を二日に分けることになりました。

1日目が無事終了しました。
その夜、別の方の個人セッションがありました。
そのセッションの終了後、
受けられたその方は、
「はっか」・・・という感じを体の部分に感じたと言うのです。

日本のはっか飴のはっかという感じだということなのです。
体のいくつかの部分にはっかのス~とした感じがしたとのこと。
なんだか、不思議で面白い表現でした。


その翌日、
前日1日目の講座を終了し、2日目の講座の前に
夕べどんな感じだったのか話を聞くと
講座の帰りにご近所の男性から声をかけられ
(そんなことは今までなかった!)
その方からミントの葉をプレゼントされた・・というのです。
これでお茶を作ると美味しいと勧められたとのことでした。

ミントといっても、売っているミントとは少し違う葉っぱの形をしているそうで、
香りも普通のミントより強いらしいのです。

実は、講座終了後に額のあたりが
痛いというかすっきりしない感じだったらしいのですが、
その近所の男性から勧められたとおり、
(額のことなど話もしていないのに!)
もらったミントの葉でお茶を作り飲んでみるといいと勧められ、
そのとおりミントティーを作って飲んでみると
先ほどの痛みもなくなり、
頭がすっきりしたぁ・・と話して下さいました。


近所の男性には、自分の様態も話していない、
それも珍しくミントの葉をおすそ分けされるんて、
それだけでもまぁ、面白い話なのですが、
なんと、それだけではない・・ことに気がついたのです。
なんという奇遇でしょうか!
初伝講座の1日目を受けた後、ミントを近所の方からもらった方と
夕方に個人セッションに来られた方の名前が全く一緒だったので~す。

すごいシンクロでした~!
はっかとミント・・・なんという奇遇でしょうか。
なんでしょう~、これ!
面白すぎますぅ~。

2011.07.02 21:45 | 高次元との繋がり | トラックバック(-) | コメント(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。