Light Worker "love and laugh"

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

yamakawa fusai










日本滞在日記の続きを書きたいところですが、
私の中で起こっているシンクロをシェアさせてください。

先週末から翻訳家の山川ご夫妻がパリに来られていて、
土曜は、お話会とスピリットダンスを体験してきました。

本当に、シンクロ続きでうれしい~。
ご夫妻の話の殆どの時間は30年ほど前に参加された
自分を見るというワークの話でした。
アメリカからやってきたそのワークを
当時、神戸で英語で
まずは 紘矢さんが受講され、亜希子さんも受講された話でした。
あれから、私達の人生は変わった。
・・そうおっしゃってました。

私はこの話を聞きながら、自分のことを聞いているような
気持ちで静かにワクワクしていました。
私も同じようなワークを20年ほど前に日本語で受けたことがあります。
私の時代にはアメリカから入ってきたそのワークは
日本語で受けることができたのです。

3年ほど前に自分の言葉で霊気を伝えたいという思いから
テキストを書き換え始めたときに、
私の中にあったのは、あのワークでの体験でした。
自己発見そして自分を愛するということ。
自分の源に帰る決心をしました。

前のブログのどこか・・でワークについてはを少し触れていると思います。
当時、ワーク後の私の人生は変わり、
全てがキラキラ輝いてみえました。
それから間もなく京都で主人に出会い、
パリにやってくることになりました。

先日、日本でガイドさせて頂いた
「愛になる・全体になる」ワークの中にも、
霊気の講座の中にも、あの頃体験したエッセンスが
あちこちに入っています。
自分を見る・・そんなことを言い続けてきたのですが、
ワークを通して表面化できるようになったのは
ほんの最近のことです。
2008年、封印を解くかのようにアイデアはきました。
本来の自分を取り戻すこと。
そして、進む方向先が少しづつ変わっていきました。
より自由になっていくのを体感していました。

今回ご夫妻の話を聞いていて、すご~く励まされたのです。
「本当にこれでよかったんだ」と、心の底から喜びを感じました。
自分のワークを受けて下さったみなさんの人生に
変化が訪れた、何かのきっかけになったなどの
個人的な感動の感想など聞くと、
よかった~と、心から思うのですが、
今回お話を聴いていて、
生き生きと自由に生きておられる二人を見ると、
やっぱり本当にこれでよかったんだ、感じることができました。


夜のスピリットダンスはご夫妻の誘導で始まりました。
始まると間もなく、「やっぱり踊ることが大好き~!」を
自分の世界に入って、体で感じていました。

私が4~5歳のころ、伯母が喫茶&スナックを経営していたのですが、
踊る姿がかわいいと言って、
常連のお客さんがジュークボックス(時代がわかりますよね(笑))
にコインを入れると音楽がなり始め、
私は音にのって踊っていた・・・と
伯母が自慢そうに何度も話してくれました。

また、中学生になっても、歩いている道に誰も通っていないとわかると
一人で踊りだすことはしょっちゅうありました。
商店街の散髪屋さんの奥さんが店の中から見ていた・・と
言われたことがありましたが(笑)
踊ることが大好きだったんですね、
頭の中に音楽がやってきて、体が動いてしまうというか
そんな感じだったんです。

ちなみに先日帰省したときに、弟と商店街を歩いていたら
懐かしい近所のおばさんにばったり出会ったのですが、
「バレエならってはったなあ」と言われました。
まさみといえば、バレエか・・というほど
印象的だったんだと思います(笑)

そんなわけで、スピリットダンス。
音楽がなったら一人でに体が動きます。
やっぱり踊りた~い!

会を終え、夕食会から戻るってからも
息子の学校のことで話を聞いているうちに
寝るのがとても遅くなったんですが、
翌朝、とても早く目が覚めました。

そしてまず思ったことは、
踊るぞ~!
みんなで踊れるスペースを作りたいと思いました。
とてもワクワクしたので、
ご夫妻に感謝の気持ちも込めてシェアしたくなり
あつこさんに伝えてもらいたい・・・とメールを書いたら、
家に来て直接話して~と誘われ
主人と娘を連れて、あつこさんのご自宅でのバーベキューに
参加させてもらいました。
早速この熱い想いを(笑)亜希子さんに直接お話しました。
自分を見るセミナーのこと、
ダンスのことなど、
今とても貴重なシンクロを体験していることなど。

ご夫妻もダンスの資格を持っておられるわけではないですが、
もう10年やっておられるとのこと。
通常は、こういったダンスでも先生になるために時間がかかる
そうですが、それには意味があります。
場のエネルギーをホールドできるようになるかどうかだそうです。
亜希子さんが「でも、すでに霊気の先生なら十分できるんですよ!」
うれしい励ましの言葉を頂きました。

何かが始まりそうな気分です。
私の中では、
もっともっといろいろ繋がっていきそうな気がしています。
後日ブログにもアップしたいと思いますが、
実は、大阪で愛・全体ワークをやらせてもらって、
とても自信がついたんです。
もっとシェアできることがある!と思って帰ってきました。

今の自分というところから
過去の出来事をいろいろ回想していると、
本当に偶然なく出会っている出来事だらけで、
「あ~そうか~、だから今こうしているんだ~」と
感心するばかりです。
誰かのお役にたつなら、
自分が体験してきたことをもっともっとシェアしたいなあと思います。

本当に、今回のご夫妻との出会いは
愛になる・全体になるワークの後だけに、
追い風を受けた感じで、軽さと自由を体感しました。
お二人と触れ合えたこと、そして
会を開いてくれたあつこさんに大感謝。
スポンサーサイト
2011.11.28 10:46 | イベント | トラックバック(-) | コメント(0) |
arbre autonne 3











11日はゆう子さんとのジョイントワーク、
12日は、今すでに器具を導入してくださっている方のお宅にて、
奥様のお友達で大阪で開業医をしておられるご主人も参加してくださり、
うちの主人とスカイプでつながり
義母の開発した舌の再教育の器具について
話をさせてもらいました。
すてきな出会いのチャンスを作って頂き本当に感激しました。
器具のみならず、義母のメソードを少しは理解してもらえたようで、
うれしかったです。

13日は岐阜の耳鼻咽喉科、睡眠時無呼吸症候専門の
先生と歯医者さんとの出会いがあり、
すごく励まされました。
日曜だというのに、会うことを引き受けてくださり、
朝から岐阜まで出かけました。
義母の器具が、いびきや無呼吸症候の方に役に立つことが
わかってからフランスでは歯科を始め、耳鼻咽喉科、呼吸器科、
顎の専門家、発音矯正の専門家、姿勢・脊柱専門家などなど、
別の分野の先生との出会いが広がり、
理解されつつあるのですが、
日本でも専門家の先生のご理解が頂けてすごくうれしかったです。

睡眠時無呼吸症候に関しては、現在世界でも対処療法しかなく、
手術を施しても、数年立つと元に戻る人も少なくありません。
また、マスクやマウスピースは一生付けることになり、
二次的な災難に出会うことも良くあります。
子供さんがこの病気であると
体にかなりの負担がかかること、
脳の成長へのダメージもあり、
深刻な問題になっています。

今、この分野において、
舌の教育という点に非常に注目が集まっているところで、
義母の研究・臨床結果が役に立つこと間違いないと
感じて帰ってきました。
義母の器具は、歯科矯正のためだけでなく、
口蓋を広げ咽頭を広げ、呼吸をしやすくさせてくれます。

非常に簡単な矯正治療のような感じで、体の負担が少なく
鼻の病気や、アレルギー、いびき、睡眠時呼吸障害を持つ方への
治療に役だつという点について
専門の先生は、これは大きい・・と嬉しい反応をしてくださいました。

義母がいうには、
小さい子供さんなら正しい舌の機能を取り戻す再教育をすることが
将来的に大した歯科矯正をする必要のない
口を作ることも大いにありうるというのです。
健全な口の中の状態は
未病を防ぐ役割も担うと言っても恐らく過言ではありません。

義母も多くの他の歯科矯正と同じように、
アメリカでも技法を習ってきました。
そして、実際毎日多くの患者さんを前にして、
習ったことだけでは、治療ができないという壁に突き当たりました。
そして考えたのが、
舌の機能の再訓練でした。
それが、今からもう40年ほど前のことです。
舌を正常に機能させないと、
歯科矯正しても再発が起こる可能性が高く意味がない。

35年前にアメリカで行われた歯科矯正師が集まる研究会で
治療を発表したときに、義母が訴えたのは
舌の再訓練でした。
治療結果を見て、多くの歯科矯正師が驚き
質問をしたらしいのですが、
当時の治療方法の流行ではなく、
注目した歯科矯正師は、殆どいませんでした。


義母のやり方は職人式ですので、
自分の手で、一本の針金から
その人の数ヶ月先までも計算し、
一人一人に必要な器具を創っていきます。

そんな古いやり方・・と批判されたこともあるらしいのですが、
義母は、
一人一人の口の中、生活習慣は違う。
歯を見るだけでは限界がある。
口の中を診て、
経験から、目に見えないところで行われている機能を予測し、
どんな治療が必要なのかを判断し、
治療プログラムを立てる。
治療が進む上で、柔軟な適応性も必要。
だから一人一人に合った治療をしないと意味がいない。

そして義母の言う、一番大事な点は、
舌という17の筋肉の集合体と頬・唇の筋肉が
歯列を作っているという初歩的な事実をよく理解することなのです。
そして、よく噛んで飲み込むこと。

実は、このよく噛んで・・というのは、
日本で実際に試してもらったのですが、
案外ちゃんとやってない方が多いです。
ご自分が思っておられるよりももっとしっかり噛みしめることが大事です。
そして、舌の位置をある一定の部分に定め、
きちんと飲みこむことがのどの筋肉を鍛え
情報はのどから咽頭に繋がる筋肉へと伝えられます。
これらの動きの一つ一つが、脳に情報としていきわたり、
舌の動きのリプログラミングを促進させます。

元々あるプログラムの回路を活発にすることで
舌が適切な動きに変わり、
矯正治療がより早く終わり、歯列の戻りはなく再治療の
確立はきわめて少なくなります。

また、しっかり噛み飲むことは、
口内の様子は、口蓋の状態が鼻腔の状態を変えるため
鼻つまり、鼻炎、アレルギー、いびき、中耳炎、
呼吸器系の障害などを改善することにもなるのです。


ちなみに私が理解している現状は、
-治療をしても歯が抜けやすい。
-治療年数がかかる=コストがかかる。
-必要ない抜歯をして矯正する。
 (顎が極端に小さいと抜歯する必要はあります)
-矯正治療しても、何年かすると元に戻るので再矯正が必要。
-再発を防ぐために、矯正治療が終わっても数年間は歯の裏にワイヤーを
つけて保定する、または透明の器具をつけての補強治療が流行っているが、
これは歯と骨の関係、舌の動きを無視していると思われ
補強した後の歯は数年すると全体に抜けやすくなる。
今流行りなので、まだ結果が出ていないため、
気づいている先生が案外少ないと思われるということです。


義母に言わせると、歯は股関節であり、動くものである。
それをワイヤーでガチッと固めてしまうことは、
不自然なことなので災難が起こります。
噛むこと、舌の再訓練がなされないと
舌が触れている歯だけでなく、ワイヤーで繋がっている
他の歯も抜けやすくなる。

それらの歯が下にある骨に適切な情報を
伝達できなくなり、骨が退化し矯正されている歯全体が
抜けやすくなるということ。
すごい怖い話だなあと思いました。
より効果的な方法・・を捜し求めて
治療の発展があるのだと思うのですが、
体の仕組みを理解することはすごく大事なんだなあと思います。

義母が時々話してくれる一例があるのですが、
すごくわかりやすいのです。

板に、釘を斜めに刺すとどうなるか。
釘にかかる前後上からの刺激がかかると、
斜めに刺された釘は
まっすぐに刺さった釘よりも、抜けやすい。
歯も全く同じことだというのです。
そして、歯だけでなく、骨の状態は無視できない。
歯科矯正というのは、
歯を矯正するだけでなく、
骨の状態が健全に復元されないといけないらしいです。

また舌や頬、口びるなどの
筋肉とそれらの生理的な動きを無視して歯科矯正することが
かえって悪影響をもたらすというのです。
義母は歯科矯正において患者が訴訟を起こした場合に
エキスパートとして判断する役割を務めていたことがありますが、
考えられないケースがあるということでした。


14日は滋賀でお友達の瞳さんのKIZUKIの会にてお話させて頂きました。
子供さんを持つお母さん13名ほどが集まり
フランスでの子育て、子供の教育から歯のこと、
夫婦の話しなども含めてQ&A交えの交流会になりました。
ここでも楽しいひと時を過ごさせて頂きました。

思ったより子供の歯のことに興味あるお母さんが多くて、
上記の説明を少しさせて頂きました。
私も一人の母としてよい歯医者さんの見分け方・・など、
気になるところです、
そういった面でも少しはお手伝になったらいいなあと願っています。
余談ですが、近いうちに、パリでも
お母さんたちの集まり会を開いてみたいと思います。
ご興味ある方はご連絡くださいね。


フランスに比べると、日本では沢山の情報をインターネットで
キャッチできますが、実際にはどんな治療法が、総合的な面において
体全体に良い影響を与えるのかを見分けるのは難しいです。
会が終わってから、昼食にてまだまたお話会は続きました(笑)

歯科の先生、耳鼻咽喉科の先生、お母さん方にお会いすることが
できて本当に有意義な時間を過ごすことができました。
私の今回の旅の目的&願いの一つが叶いました。
素敵な出会いをありがとうございます。


直接話を聴きたいという嬉しい声も頂きました。
そして、日本でいつか義母が直接みなさんにお話できる機会を
設けることができたら・・と想いは更に膨らみました。
義母のノウハウができるだけ多くの人にシェアされ、
必要な方への助けとなりますように祈っています。
 

2011.11.24 23:30 | 日本の旅 | トラックバック(-) | コメント(0) |
ciel











今、京都にいます。
暖かい秋の京都は、まだ、もみじの紅葉は始まってません。
あと1週間ほどの滞在中に少しはもみじ紅葉を楽しめるといいなあ~。

京都に到着した10日のうちに、髪を切りに行きました。
帰省するたびに通う私のお気に入りの美容院。
初めてその店に行って以来20年のお付き合いになります。
店長さんに「おまかせ」カットで、
初めて行ったときから、
多分この20年間で一度もこんなスタイルにしてほしい・・
と頼んだことはありません。
任せてみようと思ってカットしてもらった後の
嬉しいサプライズの瞬間を今でも覚えています。
それがきっかけで、ずっとお任せしています。
行くたびに、彼が研究熱心な人だなあと思うのは、
鏡に映る手際をみていると、
毎回はさみの使い方などが違っていて、
それを見るのも楽しみのひとつです。

それから、なんといっても
もう20年もお付き合いしていて、
変わらない姿勢というか、
なんと謙虚な人なんだろ~というところです。
私が受ける彼の印象は、
落ち着いていて、柔らかく、自然、そしてニュートラルな感じ。
友達に勧めるときには
「誰が店長さんかわからないから、当ててみて~、お楽しみに~」
と、言うのですが、
なんせ、彼の態度は昔から変わらなくて、腰が低いのです。

店で仕事をしている人達もキラキラしていて
その空間にいるのがすごく気持ちいいのです。
3ヶ月に一度は、子供チャリティーカットをして寄付をしたり、
小さな子供さんとお母さんが一緒にいる空間の中で髪をケアしてもらえるように
個室も作っておられます。
また、ここ最近は自分は3日休みを取るようにしているところ。
「みんなが優秀なので~自分がいないほうがいいみたい・・」
と静かに話してくれます。
4人目の子供が生まれそうで、
パパの役目をするのも楽しんでいる~。
「子供を見ていたら感動して涙が出てくるときがある」
と話してくれる。

ここにいるとエネルギーが循環しているのを感じます。
常にどこかに新鮮さがあって、
自分や店の人たちも含めた家族を大切にしていて、
気持ちのいい生活をしておられるような感じが伝わってきます。
私は、そんなエネルギーを感じに行くのを毎回楽しみにしていて、
今回もはずれなく、感じ取ってきました~。
京都にお立ち寄りの際は、是非尋ねてみてください。
本当にお勧めのお店です。
「くんくんるんほー」 京都堺町六角。




11日のエンジェルパーティーでは、なんだか
新年を迎えたような感じでした。
私は地球を愛します、
私は自分を愛します、
私はあなたを愛します、
あなたの周囲の全てのものを愛します。

11時11分、こう宣言して始まったワークに、
私は思わず「開けましておめでとう~」と言いたくなりました。
古いものを捨てて、新しいドアを開ける。
私にとっても、今回の日本滞在のスタートのワークでしたので、
気持ちのいいスタートになった気がします。

ゆう子さんとは、もう10年のお付き合い。
彼女もどんどん変化していて、
ワークが終わってから少し話す時間があり、
私の近況を簡単に話したのですが、
特に、ゆう子さんと私のバイオリズムがとても近いというか、
変化の境遇がとても似ているんです。
「私達はパイオニアだからね~」とゆう子さんが言いました。
いや~、そうなのかも~と思うのです。
今回の日本滞在では、
自分のワークも、4つのタイプに分かれていること、
主人の仕事も持ってきていること・・。
新しい道が始まった気がしています。

ずっと以前に日本でも仕事がしたいなあ~と
思っていたことがありました。
それは、多分ヒーリングを仕事にする以前のことだったと思います。
現実化されるには
少し時間がかかることもあります。
でも、一つ一つの思いは確実に現実化されているのだと
つくづく思います。

日本滞在日記はまだまだ続きま~す
2011.11.15 08:39 | 日本の旅 | トラックバック(-) | コメント(0) |
rose


rose








2つのバラの写真は、メゾン・デゾンジュで撮りました。
毎朝写真を撮っていたのですが、
最終日の朝、「私の写真も撮って~」と小さな声が
後ろから聞こえるので、振り返ると・・
このバラが目に入ってきました。
思わず、「そうかそうか、よしよし撮ってあげんとあかんなあ~」と
なんだか、ちょっとおばあちゃん風に話したりして・・・

「こんな角度はどう?」と話しかけてみると
なんだかポーズをとっているようにも見えました。



明日にはパリを出発するとは
思えないくらい、毎日の行事がやってきては過ぎていきます。

最近は日本に行くときに
益々距離が短くなったというか、
時間が短くなった・・ように感じるのです。
さっきまでパリにいたのに、
もう大阪・・みたいに、
なんだかあっという間に着く気がして、
前回は体も疲れにくくなっているような気がしました。

今回の旅は、どんな出会いがあるんだろ~。
そのことを考えると何よりもワクワクします。
私にとっても、去年から急に出会う人数が増えた気がするのと、
それも、深いお付き合いになるケースが多く・・
とても不思議な縁を感じているところです。

今回の旅では、
ワークを企画して下さっているますみさんや、
KIZUKIの会を誘ってくれたひとみさん。
10年来のお付き合いで
それも過去世において、母だった記憶がある
岡本ゆうこさんと初めてのジョイントワーク。
そして各会に参加してくださる全ての魂達との再会。

関係する人みんなが、一人一人お互いに
繋がっているはずですから、
本当に再会を果たすのが楽しみです。
全てに感謝でいっぱいです。

とにかく、特に19日の愛全体ワークでは、
一緒に過ごす時間が長いので、
この機会に、いろんな体験をしてもらえると思います。
内容を考えながらワクワクしています。


そして実は、今回はワーク以外でも、
出会いや再会をするチャンスがいっぱいあるのです。

実は私は、歯科矯正師である、義母の作った舌の再教育を
促進させる器具を取り扱っている主人の会社のお手伝いも始めました。
義母は81歳。
現役で歯科矯正師をしていて、
元気ハツラツに仕事をしています。
患者さんはフランスのあちこちから困難な状況を抱えてやってくるのです。

彼女の考え方を聞くと、東洋医学の発想だなあと思うことが
何回もありました。
歯のことだけを考えているのではなくて、
口や耳鼻咽喉、姿勢、肺系、消化系、脳の働き・・など
いろんな分野に関係していて
話を聴いているとすごく面白いのです。

霊気と似ているところがあります。
根本治療を目指すというところです。
歯科矯正において、
何が根本治療なのか・・と疑問をもたれるかもしれませんが、
柔よく剛を制す的な考えで、
舌という筋肉組織や頬や唇の筋肉が歯列を動かすと言うわけです。
柔らかそうに見えて、強いのです。

以前、義母が言いました。
大木の上に、一滴の水が数千回、何万回と同じ場所に落ちてきたら
そこに穴が開く、それと一緒だと。
私でもわかるような、説明をしてくれるのです。

あるとき、矯正歯科治療に来られた患者さんが
義母が開発した舌の再教育のための器具をつけると、
無呼吸症候群が治ったと報告してくれました。
義母は、矯正前に、エクササイズと器具にて
まず舌の教育を始めるの常だったのですが、
無呼吸が治ったという報告には、驚きました。

私はすごく感動して、
主人にはっぱをかけて、「義母さんのノウハウを本気で紹介せんと~」と
言うと、彼は本当に会社を創ることになり、
私も、彼女のノウハウを紹介したいと思うようになり、
少しだけお手伝いさせて頂くことにしました。

義母はこれまで、患者さんを想い、熱心に仕事をしてきました。
ややこしい嫁姑関係にならなかったのは
そんな時間がなかったからだと思います。(笑)
私にとっては、本当にラッキーです。
何を手伝えるのか、まだはっきりはわかりませんが、
少しは親孝行になるかな~。

主人の会社でもあるので、
子育ての延長として、協力しあう道は続きます。
というか、益々カップルの本題に入っていきそうです。

今度ブログにて、義母の知恵を紹介できるといいなあと
思っています、お楽しみに~。
ではでは、行ってきま~す。




2011.11.07 00:16 | 日本の旅 | トラックバック(-) | コメント(0) |
お友達のビズさんから楽しいお知らせです。

山川紘矢・亜希子さん
お話会 in Paris


"輪廻転生を信じると人生が変わる”
”3月11日以降の日本と私たちの生き方”

2011年11月26日(土)
パリ国際大学都市 日本館

Cité Internationale Universitaire de Paris
7c, Boulevard Jourdan, 75014 Paris
http://www.ciup.fr/fr/les_maisons/maison_du_japon/histoire
RER 線 Cité Universitaire


時間
14H30〜16H30 お話会 (定員120名)
16H30〜17H 書籍販売&サイン会 
18H30〜20H スピリットダンス (定員50名)


料金
お話会のみ  30ユーロ
スピリットダンスのみ 15ユーロ
お話会+スピリットダンス 40ユーロ 

※収益金の一部を東日本大震災の義援金とさせていただきます。


ご予約・お問い合わせ 磯野
ohanashikai2011@live.jp
(お話会2011)
tel 06.18.18.12.44


mixiのコミュニティとブログ、”Parisでスピリチュアル!”でも、詳細をご覧頂けます。

http://angeaparis.exblog.jp/15782671/



2011.11.06 23:15 | イベント | トラックバック(-) | コメント(0) |
ange



ange



nature









写真は、研修があったmason des anges (メゾン・デ・ゾンジュ/天使達の家)
朝起きて、毎日周囲の写真を撮ってみました。
起きると目の前までが霧で真っ白になっている朝もありました。

スイスから戻って、少しだけ休憩しました。
アドバンス研修で体験したことの消化はボチボチ~と行きます。

研修はとても集中力を使うのですが、
何しろ、どんどんエネルギーが入ってきて
夜中でも大きく影響されるため、
肉体に影響していきます。
毎晩早く寝て、朝早く目が覚める私は
朝3時ごろに目がさめて、
ノートにいろいろ書き込んでいく毎日をすごしていました。
なんと3日目の朝には3時33分に目が覚めました。
この日も、もちろん書きました~。
自動的に手が動くように・・・そんな感じで
アイデアがわきあがってくる感じ。

新しい目的を創ってそれぞれファシリテーターは研修をスタートさせたのですが、
研修の中で自らのクオリティ、ブロック、深い愛に出会っていきます。

前回の研修から1年が経ち、
私自身は、30回を超えるゲームをファシリテイトしました。
他のファシリテーターと話しても
1年で30回というのはかなりの回数だったようでした。
でも、私にとっては本当に必要であり、
フランス語に慣れるためには、
より多くのゲームをすることは大事なことでした。
それでも、研修に入ると最初は前回のようにとても緊張していました(笑)

この1年でフランス語力がド~ンと上がったとは思えませんが、
小さなブロックの数々が解けて、
少し自信を取り戻しつつあるというのでしょうか、
そんな感じです。
フランス語とは一生のお付き合い、
歳をとっても、なるべく忘れないように
今のうちに脳に刺激を与えているみたいなもんです(笑)


研修ではお互いにゲームを誘導し合い、
またプレイヤーにもなり、
デモンストレーションをやりながら
私は自分の内側にある
クオリティ、ブロックを再認識するチャンスを得ました。
ゲームをファシリテイトする私たちの仕事は
自分の内側のより深いところに入っていくことが大事です。
深いところにある
より微妙な・・何か・・に気づき、認識し、体験することが
ゲームに参加する人を助けることになりますから
自分の内側のワークがとても大事なのです。

沢山の勇気と励ましに出会い、
一皮も二皮も向けてシンプルになっていくような感じです。

9日から日本に行きます。

トランスフォーメーションのエネルギーを持っていきますから!
今回のワークでは、トランスフォーメーションゲームの
カードをメインに使ってみたいと思います。

11日のワークでは、天使のカードを使い、
19日のワークでは、3つのカードを使います。

また、個人セッションのメニューは、
「ライトワーク」変容へのお手伝いをします。
ps.17日の個人セッションへのお申し込みありがとうございました。
今のところキャンセル待ちとなっています、ご了承ください。

私のことを待っていて下さる方がいるなんて、
本当に感激です、ありがとうございます。


ワークでは質疑応答の時間もとって、
自分の体験もシェアしたいと思っています。
大阪の会では、
ワーク終了後の懇親会の時間もたっぷりとっていますので
ゆっくりとお話できる時間ができそうです。
貢献し合える場にしましょう~。


どのワークに参加していただいても、
サプライズがあると思います。
内に秘めた愛に出会い、
今ちょうど、必要な出来事に出会われるはずです、
ワークを通して、みなさんの人生において
少しでもエッセンスになるように、
サポートできるように・・・と願っています。
楽しみにしていてくださいね。



なお、追加のお知らせがあります。
11月14日10時~12時、
滋賀県守山でお友達の瞳さん主催のKIZUKIの会で
お話させてもらうことになりました。

テーマはフランスでの子育て、暮らし、日仏文化や習慣を交えて
お母さんをサポートするお話になりそうです。
輝く子供の個性をより生かしたい、伸ばしたい・・
そう願うのが母ですよね。

私も2児の母で、妻です。
自分の状況からも、お母さんという存在は家庭の鍵を握っていると
つくつく感じています。
これからの時代、母として、妻として
女性の力、センス、女性的なエネルギーで
家庭や社会をサポートしていけるといいなあと思います。

この日の参加費はお茶代くらいだったと思います。
興味がある方は、
村上ひとみさん meilihtm@yahoo.co.jp 
までご連絡ください。



2011.11.03 15:13 | Transformation Game | トラックバック(-) | コメント(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。