FC2ブログ

Light Worker "love and laugh"

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
cevennes




cevennes




St Guilhem le Desert



St Guilhem le Desert



St Guilhem le Desert



St Guilhem le Desert



St Guilhem le Desert








上の2つの写真は滞在先近くの山と川。

以下の写真は、フランスの魅力的&人気の町 St. Guihem le Desert




ご無沙汰致しておりま~す。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

日本はまだまだ暑い毎日が続いているとのこと、
お体ご自愛くださいね。

毎年ながら、台風の様子も気になるところです。

私は、秋模様のパリを脱出し・・・
南仏といっても 山と川に囲まれるバカンスを過ごしました。

殆ど毎年といっていいくらい行くその山と川ですが、
今年は川の温度がすごく暖かくて驚きました。

7月1日から雨が降らず、カラッとした夏日よりが
続いていたため、バカンスに来てる人たちは
大喜びですが、雨が降らないため
山が枯れ、山火事になったり、
作物が育たないなど、実は・・喜んでばかりはいられません。


異常気象のため、
雨が降りすぎたり、全く降らなくなったり。

バカンスから戻り、近所のマルシェに買い物に行きました。
BIO印は取ってないけど、
昔から、全く農薬なしの美味しい野菜を作っている
マルコおじさんのところにいくと、
作物の根が腐ってしまい、
トマトを23トンも捨てた、だからみんなが売っているトマトは
農薬で保護されたトマトだ・・と。

BIOの野菜といってもあなどれません。
ウモちゃんで洗うと、まッ黄色になるのですから・・
ぞ~っとしてしまいます。

マルコおじさんに言わせると、
人の健康もビジネスライクが加速されている・・と。

私達の生活そのものに直接大きな影響を及ぼすことになります。

今、取れるものを美味しく頂くこと。
マルコおじさんの生活が脅かされていると思うと、
生活そのものを見直すこと・・を考えさせられました。


話を戻しますが、
私達の家族の夏休みは、
山と川でリフレッシュしてきました。
原始的な生態系が残るこの地方のエネルギーはすばらしいです。
本当に真から癒されような気分。

あの原始的な自然の中にいると、
あ~来てよかった~と、家族みんな大満足なのです。

ところで、
我が家の夏休みの最後は
息子の18歳の誕生日でした。

18歳はフランスでは成人とみなされ、選挙権もあります。

大人になるということは、権利もありますが、
義務も伴います。

今は未だ、ピンときていない息子だと思いますが、
ここからがまた一回りも二回りも大きく成長する時期なのですよね。

友達を招待して一緒にご飯を食べ、
ワイワイ・ガヤガヤの夜を過ごしました。

これから子供達の新学期が始まります




スポンサーサイト
animal










一昨年後半から、昨年にかけて気になる存在がいました。

特に今年に入ってから、すごく気になる

いつも近くにいるような存在なのです。

フクロウ。

なんでそんなに近くに感じているのか、

その訳を理解できるようになりました。

そんな話をしていたら、

フィンドホーンで出会ったアメリカ人の友人が

フクロウは知性のシンボル、

真っ暗闇の中から光を見つける・・のだと教えてくれました。

シャーマンともとても縁が深い。

そして、送ってくれた素敵なフクロウの写真。

ギリシャのアテナといえばフクロウ。

昨年はアテナという存在を何回か耳にしました。

ワークに来る人の中で、

アテナにとても縁が深い人がいたのですが。

私にもご縁がなければ、

その情報は理解できません。

フクロウとは

昔々、何回か・・縁があったんだと思います。

ワークとのシンクロを感じながら、過ごしているところです。


暗闇と光は相対するものではない。

暗闇があるから、光が存在する。

暗闇が深いほど、光は強い。

どちらかではなく、

どちらもある。

全ては一つ。

フクロウのことを思うと、そんな声が聞こえてきます。

素敵な夏をお過ごしくださいね 




arc en ciel





ホノカ社のますみさんが、送ってくれた写真。

4日には虹が出た・・と。

なんだか流星のようなこの虹、素敵です。






愛になる・全体になる。

今日はまさしく、そういった一日。

8月6日、広島の平和記念公園では
「原爆死没者慰霊式と平和祈念式」が行われました。

私は、平和記念公園と名づけられたことは、
日本人の底知れぬすごさ・・・だと思っている。

世界中から沢山の慰安の祈りを受けとり、
それにもまして、敗戦国でありながら、
世界中に向けて平和の思いを発信している。

政治的には、いろんな問題、課題が残されているとしても、

根本的にこんな民族が他にいますか?

本当に日本人のすばらしさに感動です。

日本は、自分の利益だけを考えるような国に対して、
恥じることなく、卑下することなく、
対等に付き合っていけるのです。

もっともっと「日本らしさ、日本人らしさ」を
表現していきませんか。

他人のことを考えるということができる人種。
精神性が高く、熟している国、日本は世界の宝です。
今世界中で、あらゆる側面において困難が増してきています。
だからこそ、底力を顕現してもらいたい。

そして何より、もっともっと
日本が、自分はすらばしいと思える子供達が増えなくてはいけません。

フランスのなぜか「自由な感じ」にあこがれて
観光にやってきたり、勉強にやってくる日本人は今も耐えませんが、
実は、外国人からは、フランス人は誇り高い人種であり、
理屈っぽく頑固、否定的、閉鎖的だとか、差別が強いと評価されることが多々あります。

フランスでは、子供たちは、小さい頃から
フランスの歴史を学び、学年と共にどんどん深めていきます。

なので、多くのフランス人は歴史に強いのです。

もちろん、学校で習わない歴史はこの国でも存在しています。

物事には2面性があります、ポジティブとネガティブ。

歴史を早くから学ぶことで、
頑固なフランス人が育つ一つの要因ではないのかな・・と思っているのですが、
それは、この国はすばらしいのだ・・と子供達に誇りを持たせる
教育をしているのではないかしら・・と思うのです。

日本の学校における、社会や歴史の教育はどうなのでしょう?
子供達に日本のすばらしさを
歴史を通して、学校でもちゃんと伝えてもらいたいと思います。

フランス人は、自己顕示が強すぎるところもありますが、
日本人は、自己を卑下する側面が強いと思います。

子供が自信を持ち、伸び伸び育つように、
大人が、もっともっと自分を見直すといいと思います。
日本を褒め、自分を褒めることをやればいいです。
それも、日本の知恵、美しさである
謙虚さ・・という姿勢を忘れずに。


かわいい我が子を誰が戦争に導きたいと願うことでしょうか。
今一度、自信を取り戻し、
日本の持つ友愛精神を世界に示してもらいたい。
日本は、世界の宝なのだ・・ということの自覚を持てるように
政治も、経済界も、思い切った変革に挑んでもらいたい。


それから、
今まで、豊かな生活を営んでこれたのも、
先人のさまざまな想いと活動の賜物だと思うのです。

戦争の犠牲になった多くの人を想いながら、
そして、日本の将来を想いながら、
このようなことを考えながら、
今日という日を過ごしています。




大東亜戦争の真実



親日国 前代未聞の感謝デモ


ciel











なんだかわからないのですが、

フランス時間の 8月3日 夕方あたりから

何かが違うのです。

4日、なぜかわからないけれど、

「その」感覚は強くなっています。

何が・・とは、

今はまだはっきり言えないのですが。


何かが違う・・と感じた方、おられませんか?

スイッチが入ったような感覚なのです 






sakura











8月4日 東京で行われます !!!


hope and love for Japan


お友達にも声かけてください!!!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。