Light Worker "love and laugh"

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
fleur









5月末です。
なのに、ヨーロッパは寒い!
ドイツに住む友人曰く、寒波がやってきて、
外に出るには手袋が必要だとか。
もう学期末の最後の月だというのに、
ぱ~としない雰囲気です。

子供達もあっという間に、学期末を迎えようとしています。
学業に集中する間もなく、1年が終了するような感じで、
ちょっと気が抜けてしまうな~と正直感じています。
子供達はバカンスが来るのを楽しみにしていますが、
バカンスの多いのはフランスの欠点でもあるように感じています。

本当に時間の経過が加速されているのを感じます。
10年前と同じ24時間なのかと・・
思うことがあります。


私はというと・・・
子供が随分成長してくれて、手取り足取りという
段階は過ぎ、今は友達感覚へと移行中です。

なんでも話してくれる・・・ことはありません。
友達同士で解決することも大事なプロセス。
そして、肝心なことは話合える中でいること、
親はそんな存在となっていきますね。

私も母業&主婦業20年、
子供の成長と共に、自分のことを見つめてみると
随分変化がありました。
と言うか、カメレオンみたいに
必要な状況に適応してきたように思います。

それが私の目的でもありました。
主婦でいることが
自分の全てを発揮できる!と思っていましたから。

今は、子供から手が離れてきて
20代のように・・とはいきませんが、
少し自由自在を取り戻してきています。

マネージメントもこの20年のおかげで
結構慣れてきています(笑)

常に家族について、
いろんなことを同時進行している主婦!

主婦という立場を見直してみましょう。

家族の健康のこと、精神的なケア、
子供の教育、実用的な日常のイベントの判断や実行、
プラス、社会との関係、仕事を持っていたりする。

ま~かなりの仕事量をこなしていると思うのです。

みずがめ座の時代に入り、
ますます女性性のエネルギーが活発になります。
これは女性だけが・・・ということではないのです。
人間的な女性、男性ということではなく、
エネルギー的にということですね。

でも、具体的には。
これからどんどん女性が社会で活躍する時代にも
なってくると思います。
また男性が育児に手をかけることも増えてくるでしょう。

今まで日の目を見なかった分野の仕事などに
女性の役割が顕現されることも増えてくると期待しています。

日本でも、フランスでも、
女性の個性や才能の受け皿が開かれ、
社会全体に母性がひろがるといいな~と思います。

そして、社会そのものの受け皿が大きくなることを祈ります。

男性、女性関係なく、それぞれが自分の場所で
才能を発揮できる・・そんな風になるといいなあ 




スポンサーサイト
lux Lyon









パリは連日の雨。

雨が降り続くと太陽が恋しくなり、

太陽の日差しが強いと水が恋しくなり、

心は常に忙しいです(笑)


忙しく、疲れた心を癒してくれるのは、

自分の手。

心を亡くすほど、気持ちが荒んだら、

優しく手を体に当ててみてくださいね。

そしてただじっとして、何もしない。

体のケアは心のケアでもあり、

心のケアは体のケア。


私もショッチュウ自分に手当てしています。

こんな便利なことはありません~

疲れたときも、

どうしたらいいかわからなくなったときも

まずは手当てに戻ります。

ジタバタと手段を見つけようとするより

休憩して、自分に優しく手当てをする方が

早いのです。




Lux midori











公園の緑を見ていると、
いろんな緑があって自然ってすごいな~と
感じる今日この頃です。

5月も半ばなのに、さえない天気が続くパリです。
いろんな意味で、シビアさ・・を感じます。
体調に気をつけましょうね~。

今日のお知らせは、
歯、口内、呼吸、身体全身へと関っている
舌の教育についてのお話会のお誘いです。

私の周囲の日本人ママさんの中には
すでに義母のことをお話する機会があり、ご存知の方もおられますが、
改めて紹介させて頂きますと、
私の義母は、トロア市在住の歯科矯正医師で、
この道40年のエキスパートです。
案外ご存知ないかと思いますが、
フランスの社会保障が与えている4つ星の歯科矯正師の一人です。
ちなみに、歯科矯正医師はフランス全国で2000人ほどだったと思いますが、
4つ星は、指で数えるほどと言われています。(これはもう数年前のデータですが)

社会保障による4つ星の認定とは、
治療が早く再発がないため、治療費がかからない・・ことが基準です。

義母は以前は歯科矯正訴訟があった際に、裁判の判断基準となる
エキスパートとしても仕事をしておりました。

彼女の治療院にはフランスのあちこちから、患者さんがやってきます。
特に、大人のケースでは
他の医師による治療が上手く行かず、
複雑になってしまった、困った状況になったしまった方が沢山やってきます。

一人一人の体全体を尊重し、骨を尊重しながら歯科治療をする先生が案外少ない中、
義母は、「死ぬまで自分の歯を使うことが健康に一番である」
をモットーに地道に治療してきました。

手前味噌ですが、
私は普段から義母の話を聞いていて、東洋的な発想を持っていて
現在の西洋医療分野にとっても貴重な人だなあ~と考えていました。

考えることが大好きな義母は、歯科医師から歯科矯正医師に変わったときに、
舌の存在に注目しました。
どんなに矯正が上手く行っても、
舌の機能再教育なしには良い治療結果が得られないということに気づき
舌の機能のための運動を開発してきました。

例えば歯科矯正終了後、歯列保定をするために
歯の裏側にワイヤーを何年も付けておられる(時には一生つける)方を
よく見かけますが、義母に言わせるとこれはとても危険な治療だということです。
歯科矯正をした意味がどこにあるのか?

詳しい話は当日にさせて頂きますが、
何しろ、よく知られていない舌という筋肉の集合体は
体の筋肉の中で一番力が強いと言われてるのです。
この舌の機能が、実は、口内から始まり、
身体のあちこちに影響を与えているということが
証明されつつあり、義母は現在、あらゆり学会などで発表しているところです。

歯科・歯科矯正全般、鼻炎、呼吸困難、いびき、無呼吸症候、不眠症、倦怠感、
子供の集中力低下、いらいら、落ち着きのなさ、など、

口内から始まり医療分野についてのお話になると思います。

どなた様にも聞いて頂けるお話です、
母、主婦、入知恵しておきたい!と感じている方にお集まり頂きたいと思います。

通訳は拙いながら私がさせて頂きます。

6月10日月曜、10時~12時ぐらいまで、2時間ほどのお話会です。
参加費は20ユーロほどと考えております。
会場はまだ決まっていませんが、パリ市内です。
15名さま以内であれば、私のアトリエで行います。
15名さまを越えるようであれば、別の場所を設定することになると思います。

尚、みなさんにお願いがあります。
参加される方は特に、予め、質問を5つほどメールでお送り頂きたいのです。
歯のことと言っても非常に広範囲に至るため
みなさまから頂く質問を中心に話を進めたいと考えています。

なお、もし現在治療中でレントゲンをお持ちの方は、
当日診断する時間が少しだけあるかもわかりません。
その際は人数に制限がありますので、
予約して頂くことになり、診断料が発生します。(処方箋を出します。)

お話の会では、お子様連れでも構いません。

また、この会は講習会ではないことをご了承ください。
誰でもできる嚥下のエクササイズの情報を
お伝えできるかと思いますが、
本来はとても専門的なことですので
正しく学ぶには時間を要します。
でも、聞いて見て頂くことにより、
意識付けの良いきっかけになると思います。

この情報に興味持って頂けそうなお友達にも声をかけてくださると嬉しいです。
みんなで自分の体をケアできるようにサポートしあいましょう!

では、みなさまのお返事と質問をお待ちしております!
fleur











写真はリラの花。

ゆっくり呼吸して、
あま~い、やさしい匂いを想像してみてくださいね~

本当に匂ってくるので不思議です~


自分が生きたいように生きられる。

それが人生だと・・分かるまでに
人生はなぞなぞだらけ・・・

と思うと、いろんな楽しみ方ができます。

だって、苦しみも楽しみも、楽しみ。

涙と笑いは背中あわせ。

泣き笑い・・

人生を複雑にせず、

できるだけシンプルに生きましょう!

あなたも私も 
fleur










平日の作業に戻りつつ・・

先週のコンフェランス以来、
ボチボチ、メールを受け取り始めました。

感動の言葉が続き、
なかなか、あの場面から離れることができません(笑)

ご褒美ですね。
心の栄養を貰っているところです。

お友達のホノカ社さんのますみちゃんが、
母の日のギフトですね~とメッセージを下さいました。

母の日か~!
やっぱ私は日本人です。
だって、フランスの母の日は3月。
私は日本人、これでいいのだ~と思います。

霊気という文字を、キモ~と感じたくせに、霊気と付き合いが深くなるなんて、
人生ホントわかりませんよねというか、
案外そんなものなんでしょう、
嫌だと反応するところに、鍵がある。
とにかく自分でも不思議な体験でした。

2001年具体的にレイキに出会い、
自分のため、その当時は母のためにも
手当てを実践していく日々が続いていました。

しばらくすると、
レイキがセクトであるとか、
やばいもの・・扱いする人がいると聞いて、
生徒さんの中には、
家族に霊気を習っていると言えないという人がいました。

それじゃあ、オフィシャルになろう~と、
パリの大きな癒しフォーラムに殴りこみ・・やなくて、
履歴書を送り、審査の結果、受け入れられることになったことがありました。
2005年のことでした。

霊気はね、
私にとっては、
日本人である・・・という一つの誇りというのでしょうか。
ある意味アイデンティティなのです。

勘違いされて伝わってしまった霊気のイメージに
押しつぶされ、もうやめようと思ったことが
何回もありました。

でも、先日お話をさせてもらう機会に出会い、
これも不思議なご縁を感じます。

オーガナイズしている人は、
フランスでもやり手の霊気マスターといわれている人。
彼を批判する人は沢山いましたが、

今回、声をかけてくれて、
再び再会することになり、
彼の中でもいろいろ変化があったんだな~と感じました。

人はいつでも、
人生においてやり直しができます。
決して遅くはないのです。


西洋から流れてきた霊気のおかげで
霊気という名前が残ったのですが、

これからはどんどん日本の精神性を伝えてくれる霊気が
前に出てくるとうれしいです。

多くの日本人は、今やもう100年前の日本人ではありません。

でも、DNAの中には、日本の精神が残っています。
そして混沌としたこの日本社会に
よりその部分を目覚めさせることが必要なのではないでしょうか。

日本人が忘れた、日本の心や魂。
海外からまた日本に逆輸入され、気づきになる。

外国に憧れ、海外から来るものをなんでも良しと
受け入れるのではなくて、
日本人がもっともっと元々持つ日本の心に目を向けて
それを評価して受け入れていくといいなあ・・
そして、全く違う外の文化と
上手く調和しながら、
より和の良さを引き立たせる・・
日本人にはその才能があります。





evian



evian



evian









Evian から戻ってきました~。

300名が集まった会は、ワイワイ賑やかでした。

フランス、スイス、ベルギー、カナダ、ロシアからも参加。
国際的な舞台でした。

霊気、キネジオロジー、ホ・オポノポノ、バイオ・えねるぎー
セルフ・デヴェロップメントなどなどが紹介されました。


私は本当は舞台上で歌を歌いたかったのですが、
そのアイデアはぶっ飛んで、1時間15分しゃべり続けました。

何を話すか・・いつも用意していないのです。
みんなに必要な情報がやってくると思います・・と言って
話始めたのですが。

2013年というと、フランス人に霊気を教えることになった
母が亡くなった年から10年目。

この10年間に300人以上に霊気の初伝の講座を行いました。

そして、この日の会場では目の前に一斉に300人が集まっていたのです。
なんという奇遇でしょうか、感激です!
10年が、1時間15分に凝縮されました(笑)

300人の中に私がいて、
みんなの中に私がいる。

今まで出会ったみんなが私の心の中にいました。

そんなことから始まり、
スルスル~と話は進み、
あっという間に終了の時間がやってきました。

1時間15分のお話が終わったら、なんと大拍手!
アンコールなみのあの拍手に変わっていきました。
短すぎる!もっと聞きたい・・と司会者の声。

感無量でした。

終了して、マイクを受け取った参加者の一人が
感動して声がふるえ、半泣きになって話しているのです。

質疑応答が終わり、
一部の人が私のところにやってきました。
次々にありがとう~の声。
この話が聞きたかった!
私達の周りの人が、みんな泣いていたと話してくれました。

昼食の席にも、PNLをやっている男性が
声をかけにやってきてくれて、
こんなに感情が揺さぶられたのは
久しぶりだ・・・と。

簡潔でシンプルさの中に、沢山の知恵が含まれていた!
生け花みたい・・と。

すれ違った人は、
夕べ隣に座っていたのですが、
彼女は、私思考が強くて・・と話していたところ。
その彼女が、ありがとう!
今までオーラを見たことがなかったの~
でも、あなたを見ていたらオーラが見えたの!
と大喜びでした。

主婦で、子供がいて、外国人で・・霊気を教えている!
男性のマスターが多いこの分野で、
私の存在そのものに感動したと言ってくれた人もいました。


などなど、いろんな人が自分の話をしたり、
声かけてくれました。


霊気というと、日本でも西洋から来た霊気の流れで
随分変わってきています。

やさしさ。
とっても基本的な手当てのこと。
初伝の大切さ。
息をすること。
霊気の実践はテーブルの上だけにあるのではないこと。
スピリチュアルとは宗教ではなく、精神の状態であること。
霊気はあなたそのもの・・だということ、などなど。

私の話を聞いていて、
多分、どこかで緊張の糸がほぐれ安心されたのでしょう。

沢山の涙と感動の顔に出会った
素晴らしい出会いの場でした。


で、今日から私はいつものペースに戻り、
ひき続き・・安心立命の道を歩み続けま~す
 


DSC00800.jpg


DSC00807.jpg


evian









Bonjour à toutes et tous



J’espère que vous allez bien, le temps à Paris est un peu couvert mais nous essayons de faire briller notre cœur !


Je voudrai partagé un peu de mon expérience de la semaine dernière,

J’étais invité au congrès du Reiki et bien être organisé par Nita à L’Evian les bains, Nita se présent une des fédérations du Reiki

(sachez que je ne suis pas le membre d’aucun fédération) Dans ce congrès, il y avais environs 300 personnes ont participés.

J’étais l’intervenant et donc j’ai parlé sur le Kokoro du Reiki, vous allez peut être avoir l’image photos dans la prochain avenir sur le site de Nita .


les plusieurs personnes s’approché vers moi à la fin avec les émotions forts et qui recomptait ce qui ont vécu pendant que j’ai parlé, ce qui disait qu’il y avait beaucoup de gens autour d’eux était touché à son émotion et l’arme est coulée.....j’ai juste partagé de ce que je dis habituellement, rien spécial.

et bien sure, moi –même étais ému de voir les visages des gens et d’entendre que l’applaudissement est duré assez longtemps.

c’était un miracle de vivre ça, car 2013 qui me fait 10 ans que j’enseigne le Reiki pour les français, je suppose que je suis la première japonaise se présentée le Reiki à l’époque, ça fait environs 300 personnes ont été initié au Shoden avec moi... et je voyais 300 visages en face de moi dans ce moment de 1h15! tout mon parcours était condensée à ce moment. Quel synchronicité et un miracle !


Je voudrai dire Merci à vous, parce que vous étiez là aussi dans mon cœur.

et aujourd’hui, je suis calme et je continue la vie comme d’habitude sur le chemin d’Anshin Ritsumei.
arbre dans le ciel











je pars à L'Evien les Bains pour le congrès du Reiki et Holistique Healing, je vous tiens au courant dès mon retour !


今日から土曜まで留守します。
スイスとの国境にある L'Evien les Bains というところで
開催されるコンフェランスに出席してきます。

ヨーロッパ、カナダから
霊気、ヨガ、エネルギーワーク、
ホリスティックヒーリング関係者が集まる会だそうです。

そこで、1時間お話させて頂くことになりました。

何をシェアしようか、
行きの電車の中で空想に耽ることにしま~す。
tulippe.jpg





tulippe et ginko












咲いた~咲いた~

パリの気温、安定しません~。
まだ、少し寒いときもあります。

赤いチューリップを見ると、
幼稚園の最初のクラスのことを思い出します。
チューリップ組さんでした。

もとこ先生。
今でもご健在でしょうか、どうしておられるかなあ~。
などなど、主人と一緒に公園に咲く
かわいく、幸せそうなチューリップ達を見ながら。


昨日は、トランス・パーソナルフェスティバルに参加しました。
沢山の人がフランス中から参加していました。

個人のケアのために
社会や集合体のために、
地球のために・・を考えた
いろんなメソードを体験します。

私はトランスフォーメーションゲームの紹介のための
お手伝いをしました。

50人ほどでやった超短縮バージョンで、
16~18人ほどが3つのグループに分かれました。

ゲームの全体の目的とグループ、そして個人が
シンクロする壮大なゲーム。
この超短いバージョンでもゲームのパワーは健在でした。

この日、いろんなメソードを体験しましたが、
やっぱりTFゲームは奥が深い!

どのワークにもちょうどの情報がやってきますが、
TFゲームほどの深さを感じません。
さすが、フィンドホーンで創られたゲームだけあるわ~と
またまた感動して帰ってきました。

どんな状況にでも適応できるTFゲーム。
本当に出会いってよかった~!

と共に、
人間科学に、ますます興味を持っているところです。

これまで
ヒーリングやトランスフォーメーションを促進する
ためのテクニックはいろいろ学習しました。

エネルギーワーク&テラピー、ガイド、コーチング、ティーチング、
セルフ・デベロップメントや気づきのワーク

全て切ってはきれない関係で、
ただただ、出会った方に適応する・・のが
私のやり方です。

それとは別にこのフェスティバルの中でやったワークで
感じたことが一つありました。

私はあるワークの中で、
感じたことをただ身体と言葉で表現しただけなのですが、
多くのフランス人が、
賛同してくれて、
グループがまとまっていきました。
私のアイデアが案外、彼らが想像もしないもなのだな~
と、核心して帰ってきました(笑)

3年目の参加ですが、毎回日本人の参加者は私一人。
今年の私はいつもとはちょっと違うなあ~と
感じていました。
特に見知らぬフランス人と
大勢の中で一緒にワークをすることに
少しは慣れてきたのでしょうね。

ただやってみる・・という気持ちだったのですが、
それが、結局
自由自在を表現しきった~気分に繋がりました!

フランス人と共に生活することに慣れている私でも、
もちろん次のステップがある~ということで、
最近は、新たなチャレンジに向かっているところです。 



marche.jpg








季節のお野菜がいっぱ~いのマルシェ。

今はアスパラガスが出回っている季節です。
白、緑、どちらも美味しい~!

いちごもボチボチ出てきています。
このおじさんのところは、
AB(オーガニック)マークはついてませんが、
どの野菜もとっても新鮮ですごく美味しいので、
いつも人がいっぱい。


日本の皆さんはゴールデンウイークですね。

どうか、気分転換できる週をおすごしくださいね。

日本人にとっては貴重な連休です。

ここはフランス。
フランス人の大人がとる年間の平均バカンスは5週間。
子供は一年を通して、5ヶ月は学校がお休みです。
で、先生も同じくらい休みなのです!

考えられませんよね(笑)
20年ここに住んでいても、そう感じますもの。
特に子供の休日の数というか、量!
親にとっては恐ろしいです(笑)

毎回の休日どないすんの~って感じ。
うちは、子供が成長してくれたおかげで、
自分達で友達同士でいろいろ計画してくれるようになり、
少しは楽になりましたが。
親は、休みの度にいろいろ計画することになるので、大忙し。
なんせ、予約するための手配などに追い回される~。

日本人にとっては休みが多い国、おフランス~自由の国おフランス~と
想像されるのかもしれませんが、
それなりに問題も沢山抱えている国です。

それはさておき(って、おいておくことがフランス人的!?笑)
どんなに貧乏していても、
バカンスにだけはちゃんと出かけるフランス人。
バカンスの過ごし方もいろいろ工夫していますよ~。

未だに日本人がパリ観光に来るときには
ヨーロッパ観光の一部として、パリ3日くらいの滞在が主ではないでしょうか。
こんなに遠くに来たのに、3日間の滞在ってもったいない・・・。
ルーブル美術館に行ったらもう終わりやで~!

仕事に就いても
リフレッシュしたり、
気分転換の時間が必要なこともありますよね~。
日本の社会、もう少し気軽に連休が取れるようになったら
いいのに~と、ほんと思います。
とかいう私も、今週末はワークです。
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。