FC2ブログ

Light Worker "love and laugh"

tango






田茂井さんが創ってくれたカクテル。
同じお酒を違うグラスでサービスする。
誰にどのグラスが合うかな~など
そんなところも楽しんでいる。



ちなみに、くみこさんから入手した情報によると、
よしきクンのことですが、
ワイングラスで飲む日本酒コンテストで亀の尾蔵舞2011が入賞したり、
祭蔵舞という酒は、2010全米日本酒鑑評会金賞酒で、
酒米は祭り晴、山廃純米酒です。

丹後は、日本酒好きの人にとって酒蔵めぐりが楽しいところ。
海や山の幸を肴に、個性的な数々の酒蔵のお酒が頂けます。
9割は地元のお米で作っていて、産地と醸造所が近い。

その昔、五穀豊穣の神さま、豊受大神を
お祭りし、お酒を奉納していたそうです。

神社には、天酒大明神をまつったり、竹野川は、「天酒川」と
呼ばれていたそう~。

米つくり・酒つくり・鉄つくり・玉つくり・織物つくり、大陸からの道が
通じていたところ。天女伝説も残っています。
きっと天女は巫女でしょうね。外国(天国)(大陸)から来たのね。

昔から天と近い場所のようです。
あ、また「丹後天国説」(笑)

・・・と、くみこさんが語る丹後の若き杜氏よしきクンと丹後のお話。

日本に伝わる天女と
西洋の天使は案外同じ存在なのでは・・


余談ですが、「酒にはこれ」と、
ちゃ~んと「するめ」を
空港で買って帰っていた主人に感動。
つう・・です
ほんまにようできた相棒で~(笑)

週末によしきクンに頂いた、祭蔵舞で乾杯しました。
おいしい~。
心地いいです。
口に入ったときはあっさりやさしいけど、
後からジワジワしっかりコクが出てくる感じ。
後味がええ感じなのです。
こんなに美味しいお酒を造ったよしきクン、すご~い!
杜氏よしきクン率いる弥栄鶴のHPです。

是非、味わってみてください。
焼肉にもバッチリ合いました。

焼肉のタレには、
 小野甚さん 
ソースドレッシングがあっさり風で
美味しかったです。

私すっかり丹後にハマッテいるどころか
回しもんになってますぅ(笑)
今ね、それが嬉しくてね。

丹後へ是非訪ねてみてください!
ちなみに、もうすぐです、ミクタン行事。
味わいあり、体験あり、コミュニケーションありの
楽しい行事がいっぱいです。
私も、来年はフランス人を連れて行ってみたい!

興味の在る方も、ない方も(笑)
リンク中のくみこさんのブログから
アクセスしてみてください。

丹後を活性化するためにがんばっている
丹後の天女達を応援していま~す!


それから・・
私が思う、丹後がスピリチュアルなわけは、
いろいろあります。
というか、出会った人みなさんがスピリチュアルでした。
でも、スピリチュアルってことを意識していないところが素敵。

私はスピリチュアルとか、神とか、
そう易々と語りきれないものがあると思っています。
だから、ひらひら~や、ふわふわ~系のスピリチュアルは苦手です(笑)

普通の人だけど、
大らかそう~、でも目の瞳は見る人の深いところを見るような
でも、厳しい側面も持っている
ん~何かが違うのよね~みたいな感じがいい(笑)

そう、それでね、丹後の話に戻ると、
この丹後という土地にも、
いいものを創りたいとすご~くこだわる人が、
沢山いてね、そういう人は、
例えば、米だけを見守っていたり、酒を見守っていたり、
森林を見守っておられて、しっかり大地と仕事してはるんです。
だから、シャーマンなのです。
ここには沢山の神様がおられたので、シャーマンは多かったでしょう。

くみこさんに連れて行ってもらった、
お話会の会場になった、BAR ベリーニの
田茂井さんは、自分が出すお酒の一つ一つに
さりげなく命かけてます(笑)
なんせ、こだわりあります!
旬の果物を使った独自のカクテル。
果物を先に洗っておいて、置いておいてあげると
美味しくなる・・と、言いながら
バナナ入りのカクテルを創ってくれました。
なんとか・・という酒、今沖縄で眠らしていて、
数十年後?が飲み頃らしいですから。
ただものではありません。


そんなわけで、すばらしい出会いが盛り沢山。
多くの神社がところどころにあるのですが、
それもただの神社ではありません。

京都市内で回った数々の神社とは一味違い、
ところどころの
土地のエネルギーとしっかり
繋がっている感覚が強かったです。

なんというか、
オン・ライブで八百万の神様が沢山おられる土地と
いうのでしょうか。
原始的な山々から、そのお姿が見える感じなのです。
でも、訪ねた中で、ある由緒ある神社には、
神様がお留守でした。
ここにはおられない・・と感じたのですが、
は~は~と思うポイントがいくつかあり、
お留守である理由を見つける探偵ごっこしながら
楽しんでました。

そして丹後には古墳が非常に多い!
ちゃんとした数は覚えてませんが、
なんせ、天皇家ゆかりの土地ですし。
実は丹後は、くみこさんのお話からも
おわかり頂けるように、大陸と結びついていた場所。
日本国の歴史においても、
日本文化の発祥を担っているといっても
言いすぎではないのでは・・と思います。
それゆえ、とても神秘的な土地なのです。

翌日は、朝から
久美子さんとひろみちゃんの案内で、
いくつかの神社を訪ねました












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://lightworker888.blog77.fc2.com/tb.php/376-df80ea95