FC2ブログ

Light Worker "love and laugh"

lux Lyon









パリは連日の雨。

雨が降り続くと太陽が恋しくなり、

太陽の日差しが強いと水が恋しくなり、

心は常に忙しいです(笑)


忙しく、疲れた心を癒してくれるのは、

自分の手。

心を亡くすほど、気持ちが荒んだら、

優しく手を体に当ててみてくださいね。

そしてただじっとして、何もしない。

体のケアは心のケアでもあり、

心のケアは体のケア。


私もショッチュウ自分に手当てしています。

こんな便利なことはありません~

疲れたときも、

どうしたらいいかわからなくなったときも

まずは手当てに戻ります。

ジタバタと手段を見つけようとするより

休憩して、自分に優しく手当てをする方が

早いのです。




DSC00800.jpg


DSC00807.jpg


evian









Bonjour à toutes et tous



J’espère que vous allez bien, le temps à Paris est un peu couvert mais nous essayons de faire briller notre cœur !


Je voudrai partagé un peu de mon expérience de la semaine dernière,

J’étais invité au congrès du Reiki et bien être organisé par Nita à L’Evian les bains, Nita se présent une des fédérations du Reiki

(sachez que je ne suis pas le membre d’aucun fédération) Dans ce congrès, il y avais environs 300 personnes ont participés.

J’étais l’intervenant et donc j’ai parlé sur le Kokoro du Reiki, vous allez peut être avoir l’image photos dans la prochain avenir sur le site de Nita .


les plusieurs personnes s’approché vers moi à la fin avec les émotions forts et qui recomptait ce qui ont vécu pendant que j’ai parlé, ce qui disait qu’il y avait beaucoup de gens autour d’eux était touché à son émotion et l’arme est coulée.....j’ai juste partagé de ce que je dis habituellement, rien spécial.

et bien sure, moi –même étais ému de voir les visages des gens et d’entendre que l’applaudissement est duré assez longtemps.

c’était un miracle de vivre ça, car 2013 qui me fait 10 ans que j’enseigne le Reiki pour les français, je suppose que je suis la première japonaise se présentée le Reiki à l’époque, ça fait environs 300 personnes ont été initié au Shoden avec moi... et je voyais 300 visages en face de moi dans ce moment de 1h15! tout mon parcours était condensée à ce moment. Quel synchronicité et un miracle !


Je voudrai dire Merci à vous, parce que vous étiez là aussi dans mon cœur.

et aujourd’hui, je suis calme et je continue la vie comme d’habitude sur le chemin d’Anshin Ritsumei.
notre damme










写真はパリのノートルダム寺院です。
昨日も晴れ~~のパリ。

イタリアに行ったのに、
全く写真を撮る時間がなかった私!
といっても、たっぷり仕事で
どこにも観光に行くことはできませんでした・・・とほほ。

春の日差し~と思いきや、風はまだまだ冷たいパリです。

先週の木曜~日曜までイタリアに行ってきました。

霊気とヒーリングを教えるため。
受講者はイタリア人一人。

実は、2008年に縁が出来て、
ご主人とその友達には霊気を伝授したのですが、
彼女には初めての伝授。

2012年に離婚し、多くの別れと出会いの時期を過ごした彼女は、
前から私から霊気を習いたいと言ってたのですが、
この時期で実現したいと連絡をくれたのです。
で、イタリアに行ってきました。

彼女はすでにティーチャーまで受講しているものの、
REIKIがしっくりこなかったというのです。

で、基礎をじっくりのワークとなりました。
木曜の夜~土曜までみっちり。
霊気全般、日本の霊気スピリットと
個人セッションの流れ、瞑想などの実践を一緒にしました。

基礎はやっぱり大事なのです。
これなしでは次のステップはありえません。
ここで何を理解するのかによって霊気というメソードは形を変えていきます。

「求めていた霊気と出会うことができた~」と
喜んでくれて、これからのことを考えるとワクワクする~と
気持ち良さそうに話していました。

離婚したことで、辛い時期はあったものの
自分と向き合い、自分を見つめる時間をとり、
内なる輝きを取り戻している彼女でした。

不思議な出会いです。
以前ご主人が私に連絡してくれて
イタリアに行ったのですが、
そのときに、奥さんの方がご縁があるな~と感じると
うちの主人に話していたのです。

蓋を空けてみると、こういうことなのですよ~。
本当に不思議なくらい、
元ご主人が話すイタリア語はなかなか理解できなかったのですが、
なぜか彼女が話すイタリア語は簡単に理解できたのですから。

彼女とはフランス語&イタリア語で会話です。
彼女は英語もフランス語も話しませんが、
フランス語は少し理解できます。
私はイタリア語は話せませんが、フランス語のおかげで
随分と言葉が理解できるようになりました。

で、今は、勝手に自分でフランス語をイタリア語アクセントに
したりして話をしていますが、それでも十分通じているのです(笑)

今回は一応、通訳をしてくれる人がいましたが、
結局ご本人もワークに入ったりして、通訳にはならず(笑)
友達のほうが、通訳の人に説明していたりして、
本当に面白い光景でした!

でもね、心が通じているということなのですよ~。
言葉じゃないんですよね、心が通じてるのですよ~。
本当にそれを実感しています。

通訳に入ってもらおう思うと、自分の言いたいことも言えた気がせず、
相手の言いたいことが耳に入らないのです。
実に面白い、いい体験をしました~。

ね、だって私達は
国を越えて、国籍を越えて、繋がっている~!!

ヨーロッパにいると、
いろんなタイプの人に出会うおかげで
私の人生もまったり濃い~ものになります。
感謝~。

自分のために霊気を習う・・そう話していた彼女。
一つ一つを大事にしてくれる感じで好き~
ああ~いい出会いができました、ありがとう~です。

sakura 3










人生学

先週末、指圧のとしさんと手当ての心のスタージュをやったときに、
「霊気って人生学みたいなものね」と参加者のフランス人が言いました。

そうです!

呼吸法や、瞑想、手当て、それは全て人生という道を歩み
学ぶために役に立つ一つの手段のようなもの。

そしてこの3つの手段は奥が深い。
なんせ日常生活のどんな場面にも登場するのですから。

霊気でも指圧でも、成長をサポートさせてくれる手段なら
垣根はないと思います。

人が
完璧を目指すのでも、
悟りを目指すのでもなく、

不完全であること、
足りないこと、
を受け入れて・・ありのままで小さな幸せに気づき
前を向いて歩くために
役に立つのだと思うのです。
Luxembourg kamo chan










パリは凍ってます。

土曜は 霊気講座をやりました。

初伝。

毎回、初心に返る気持ちですが、話はどんどん濃い~ものになります。

レベルなど意識しないでやっているので
必要な情報をシェアします。

気のワークは意識と繋がっているので
どうしても、あらゆる側面から触れることになるのです。

何かを感じとってもらい、
実践して、体験してもらう。
繰り返し、繰り返しです。

瞑想も手当ても自分を育てる方法の一つ。
そこが目的ではありません。

また、霊気療法がとても日本的なもので、
私にとっては神道に近い精神を持っているということを話しました。

神道には教典がありません。
だから大らかです。

また神社に祭られているのは、仏像やマリア、キリスト像ではなく
かがみ・・です。

かがみ、真ん中の「が・我」を取ると
かみ になる。
フランス人にその話をするとすごい驚きと感動です。
日本人でも知らない人には驚ろかれました。

霊気療法でも自我のことに触れます。
自我を自粛するということではなく、
バランスをとること。
かみでなく、がが入ってのかがみ・・・ですから。

かみのみならず、が が交わり、かがみに映るわたしがいる。

どんなわたしに映るかな???

日本の神はみんな何かの役割を持っています。
とても個性的です。

私達も同じ。

私達の役割をこの地球で、この世で演じましょう。

ここにいる間しかできないのですよね

大事なひと時なのです